女子マラソン世界記録更新 ラドグリフの記録破られる

ついに ポーラ・ラドグリフの世界記録が破られた。

ケニアのコスゲイ選手が記録更新を達成した。

2時間14分4秒だ。ラドクリフの2時間15分25秒を大きく更新した。

ラドクリフの世界記録から16年も経っていたことにも驚きだが、いよいよ女子もアフリカ勢が世界記録を縮めていく時代に本格的に入っていくような気がする。コスゲイ選手の記録はその口火を切ったに過ぎないと思う。

ラドクリフの記録ははっきり言って驚異的過ぎた。世界歴代2位に3分以上差をつけていた記録だったはずだ。

ラドクリフの記録を破るのは並大抵のことではないと当時から思っていたが、現在の男子マラソンの流れを見ても分かるように、トラック競技で圧倒的力を誇るアフリカ勢が本格的にマラソンに取り組んでいけば、女子だって男子と同じようになるだろうことは容易に想像できる。

男子と女子の1万mの記録の差を考えればマラソンでは男女のタイム差は12分程度になるのではないかと思う。

つい先日非公式ではあるがケニアのキプチョゲ選手がマラソンで2時間を切ってしまった。

このことを考えれば、女子の1万m世界記録保持者並みの選手がマラソンに全力を注げば2時間11分台までの記録が可能になってくるのではないかと思う。

今回のコスゲイ選手の1kmのラップタイムは3分10秒台になった。1kmのラップを後3秒縮めて3分7秒台で走り切れば、2時間11分台に突入する。

もはや日本の実業団男子選手のマラソンの記録並みだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。