仏バルブから英バルブへ変身 バルブアダプター

私はロードバイクにだけ乗っているので仏バルブが常識となっているが、ロードバイクを乗らない人にとっては一般的には英式バルブが一般的だ。ママチャリやシティサイクルなどはほぼすべて英式バルブだ。

ロードバイクは仏式ばかりだが、マウンテンバイクは仏式と英式の両方があるようだ。

リムのバルブ穴が仏式の場合は英式より小さめのようなので、仏式用のリムを採用したホイールを使っている場合には、新しいチューブを購入する際には間違って英式を購入しないように気を付けないといけない。

ところで、今回仏式バルブから英式バルブに変換することができるバルブアダプターと言うものがあることを知った。

これがあれば、仏式用のエアポンプを使用しなくてもママチャリ用のエアポンプでも空気を入れることができるのでスポーツバイクに乗らない多くの人たちにとっては便利なことだろう。もちろん英式から仏式ようのバルブ変換アダプターもある。

実際に取り付けてみたが使い方は簡単で、仏式バルブの先端にこのアダプターを装着するだけだ。空気を入れる時には仏式バルブのネジを緩めてから、このアダプターを装着して空気を入れる。入れ終わったら、一旦バルブアダプターを取って、仏式バルブのネジを締めて空気が漏れないようにしたうえで、バルブアダプターを付ける。もちろん空気を入れる時にだけバルブアダプターを使いたいのであれば常にバルブアダプターを付けておく必要はない。

実際に試してみたが何ら問題はなかった。私は初めてのことだったので、念のため互換性を気にして、使用しているのがパナレーサーのチューブだったので、バルブアダプターもパナレーサーにしてみた。空気の入り具合も全く問題ないし、特にブランドを統一する必要もなさそうだ。

バルブアダプターは1個300円台から販売されているので前後輪分購入してもそれほど高くつくことはない。仏式から英式に変更するためにチューブを買い替えようとすると値段的にも高くつくし、何より交換するのが手間だ。こういう時にはバルブアダプターを利用するのが良いと思う。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。