ウ―バ―イーツ 第二週目を終えて 自転車VSバイク

ウ―バ―イーツを初めて第二週目が終わった。

今週は月曜日から金曜日まで動いてみるつもりだったが、結果としては木曜日までの4日で終了した。ペダルをペダルを踏み込んだ時に左のアキレス腱の上の辺りが痛み出したので止めることにした。約一カ月半ほど自転車に全く乗らない期間を経て、ウ―バ―の配達で自転車のに乗り出したこのが影響しているのだろう。ケガをしては意味がない。

報酬としては約65000円だった。

やってみて分かったこととしては、自転車の配達は本当に大変だと言うことだ。それから、時給換算にして2000円台に乗せるのも今の段階では難しことが分かった。

自転車VSモーターバイク

ウ―バ―を始める前に月に100万円を稼いだ配達員や20代前半の中卒女性が40万程度稼いでいる記事を目にしたが、いずれもスクーターを使っている。

20代の女性は取材者から疲れないですかと聞かれて、「全然疲れません、日中は2時間も休憩していますし・・・」などと答えていたが、自転車でやってみるとまるで違うのだと実感できる。(^^)

はっきり言って、彼らが自転車でやろうものなら収入は激減するだろう。私は4日間で102回の配達を行ったが、1日10時間以上は稼働していた。

距離は測っていないが1日の移動距離は100kmを越えているはずだ。

自転車で配達をする場合は移動には全て体力を使う。上り坂が多い場所ではそれなりに体力を消耗する。食品を運んでいるので無理な前傾姿勢は取れず、スマホのマップに頼りながら進むので時間もかかる。

一方でモーターバイクで配達すれば、バイクに乗っている間は何も体力の消耗はない、配達先にエレベータが無ければせいぜい階段を上るときに疲れるくらいだろう。この差は本当に大きいと思った。

結論としては、本気で稼ぎたければ、自転車ではダメでモーターバイクでやるべきだと言うこと。一応サイクリストのはしくれとして、自転車を否定するのはつらいところだが事実は事実だ。時間の節約と体力の消耗が限りなく抑えられて圧倒的なアドバンテージがあるのがスクーターでの配達だ。

そう言えば、始めて2日目にマクドナルドで注文商品を待っているときに、同じウ―バ―配達員と話す機会があった。

彼は最初の一カ月自転車でウ―バ―イーツの配達をしてみたが、坂道の多さであまりに疲れて、自転車は止めたそうだ。彼の場合はコロナの影響で職を失いウ―バ―を始めたとのことだったが、自転車に慣れていなければなおさら無理があることだろう。私も始めて2日目はまだこれから本格的に配達を始めるつもりだったので自転車に慣れていない人には大変なことだろうと思っていたほどだったが、自転車に慣れていても1日稼働を連日するとなると相当ハードだと言うことが分かった。

ただ、モーターバイクにもデメリットがないわけではなく、例えば一方通行の道を逆走できなかったり、自転車より交通ルールに縛られる点はある。しかし、カーナビを利用すれば特に問題はないと思う。

モーターバイクの場合燃料費がかかるわけだが、これも車とちがって燃費がいいため、リッター70km程度走る車種でやれば1日の燃料費は250円程度だろうから無視できるレベルだろう。

自転車で1日走れば、エネルギーをかなり消耗するので補給食にバイクの燃料以上かかるとだろう。

また、自転車の場合、私は特にロードバイクで行っているのだが、一つのリスクとしてパンクが挙げられる。

実際に早速一度発生した。悪いことにオーダーを受け付けた店舗に向かっている途中でフロントタイヤがバーストしたのだ。恐れていたことが起こってしまったのだが、アプリ上で受注をキャンセルして、その日の配達は終了した。

やってみて良く分かったことが、自転車での配達は本当にハードだ。もちろん短時間行うだけなら問題ないのだが、1日稼働するとなるととても大変。おそらく真夏はさらにハードだろう。

だが、私は一応サイクリストであるので自転車での配達を変更することはない。自転車でできる限りのことをやってみようと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。