スマホ収納に便利なトップチューブバッグとスマートフォンホルダー

今やだれもが持っていると言っても過言ではないスマートフォン。

ロードバイクでサイクリングするときにこのスマホをどこに収納するかは人それぞれだろう。

ジャージの後ろポケットに入れたり、バックパックを背負っていたらその中に入れる人もいるだろう。

私もこのどちらかだったのだが、どちらにしても不便な点がある。

まず第一に挙げられるのが、スマホを利用したいときに取り出すのが大変なのだ。特にバックパックは手間がかかる。

車とちがって機動性があるので、走行途中に着信に気づいたら比較的早く停車して電話に出ることが可能なのだが、取り出すのに時間がかかり電話に出られないことなどよくあるだろう。

また、電話でなくとも、何かと便利な機能が満載のスマホ。例えばルートを調べたりネット検索をしたいときなどにもすぐに使いたいのだが、自転車から降りてバックパックを下ろして、スマホを取り出して調べると言うのは本当に手間なのだ。この手間が面倒だから、スマホ検索を諦めてそのまま走り通すこともよくある。

最近では、サイクリング途上で目に付いた景色などを写真で取るのにスマホを最大限活用するサイクリストも多い。そんなときにバックパックからいちいち取り出すのは本当に面倒だ。

ジャージの後ろポケットも意外と面倒だ。私の場合は、バックパックを背負っていることが多く、その時にスマホを後ろポケットに入れておくとバックパックが邪魔して取り出しにくいのだ。

バックパックが無ければ後ろポケットからは取り出しやすい。ただ、それなりの距離を走るとなると、直接スマホをポケットに入れておくと、汗で群れたり、天候の変化で雨にさらされたときには心もとないものがある。

そう言った不便な点を解決してくれるアイテムとして、トップチューブバッグをお勧めだ。

特に最近ではスマホ収納を目的に設計されているものが多くとても使いやすいのだ。ハンドルステムとすぐ下のトップチューブに固定できるのですぐに取り出せて、サイクリング時に無駄な時間ロスをなくすことができてありがたい。そもそも、取り出さずともタッチパネルでそのまま操作できるものの方が多いのでわざわざ取り出すと言う手間が省ける。また、防水設計のものも多いので雨などの天候変化を懸念する必要もない。

また、単にカジュアルな服装で自転車に乗るときに、普段はポケットに入れていたスマホが邪魔になるものだ。シャツのポケットに入れれば前傾姿勢になった時に地面に落としてしまう。実際私は購入して間もないスマホを左胸のポケットに入れたまま走り、走行中に地面に落として画面に無残なヒビ割れを入れてしまったことがある。冬場ならジャケットを着ているので上着のポケットに入れておけば何ら問題ない話ではあるが、特に問題はシャツ一枚になる夏場だ。また、シーズン問わずズボンのポケットに入れるとぺダリングの妨げになる。そういった点を一発で解決してくれるのもこのトップチューブバッグだ。

以下にいくつかお勧めできるトップチューブバッグを挙げてみる。

Tricodale

比較的大きめの容量だ。21mm x 85mm x 85mm(24mmx100mmx80mmのタイプもある) 必要ならばモバイルバッテリーも収納できる。また、商品自体防水だが、レインカバーが付属でついている点がありがたい。

 Aolfay

外側から大きく外層固定できるので安定性がかなり良さそう。

Rotto

スマホのタッチパネル操作もしやすそうだ。本体は防水加工が施されている上に、レインカバーが付属している。サイズは約215㎜x85㎜x95㎜。カラーはレッドとグレー。

最近のトップチューブバッグの欠点

上で紹介した3つのトップチューブバッグに共通している通り、どれもスマホを横に収納して画面操作できるような設計になっている。そのため、どうしても横に幅をとる形状になる。そこで、問題となるのが特にダンシングした時に膝がバッグに触れることだ。人によって差はあると思うが、完全に膝が触れないモデルを選ぼうとしたら、例えば下記のROCKBROSのようなトップチューブの幅からそれほどはみ出ない商品を選ぶ必要が出てくる。但し、このタイプの場合は収納してしまえばスマホ画面を見ることはできない。

ROCKBROS

膝に当たらない設計である点がとてもよい。トップチューブの横幅にできるだけ合わせたスリムな形状でスマホを縦に収納する形だ。サイズはSとLから選択可能だ。

Deuter

ドイターのエナジーバッグとして販売されているトップチューブバッグだが、スマホ用としても使える。これもスリムに作られているので膝の干渉は気にする必要がない。ただし、スマホ用に作られていないのでトップチューブから来る振動吸収性という点では何か一工夫する必要ありだ。

ステムバッグを利用する

どうしても膝に触れてしまい、使い勝手が悪い方にはハンドルステムに取り付けるタイプのものをお勧めする。ただ、ステム長は人によってさまざまな上、サイコン等を取り付けている場合はその邪魔にならないようなスペースを確保する必要がある。

あまり種類はないが下記の様なハンドルステムに取り付けるタイプなら何かと使いやすいと思う。一般的に言われるハンドルバッグとなると種類はたくさんある。しかし、ハンドルの前側に取り付けるものが大半で、比較的大きなサイズのものが多くロードバイク向きではない。

スマートフォンホルダーを利用する

スマホ自体がサイコン代わりにもなるので、ハンドルやステムに装着するスマートフォンホルダーを利用するのも良い。これであれば、スマホ用にトップチューブバッグは必要ないし、トップチューブバッグは他の用途に使えることになる。ダンシングしたときに、トップチューブバッグに膝が干渉することを心配する必要もなくなる。既にスマホとは別にサイコンを付けている人にとっては邪魔になるかもしれないが、特にガーミンなどの大きめのものを使っていなければ、サイクリング中にスマホを置く場所としてスマホホルダーを考えるのも良いと思う。脱着も簡単だし価格もお手頃なものが多い。

以下に人気があるスマホホルダーをピックアップしてみた。

一番ベストなのはスマホホルダーとトップチューブバッグの両方を持っていることではあると思う。確かに、スマホホルダーへのスマホの脱着は簡単ではあるが、頻繁にただの街乗りするごとに脱着するのは面倒だ。それなら、そういう時だけは出し入れに手間がかからないトップチューブバッグを使って、長時間乗るときにはスマホホルダーを使うと言う具合に使い分けるのが一番効率的だと思う。

盗難被害には要注

特にトップチューブバッグが付いている場所はとても取り出しやすいポジションである反面、窃盗犯にも狙われやすい。しかも、入れてあるものがスマホや現金だったりするので要注意だ。自転車から離れる際には、トップチューブバッグの中にあるスマホや現金は忘れずに取り出して身に着けるようにしよう。

特に今までジャージのポケットにスマホを入れていた人が初めてトップ―チューブバッグに収納するようになっときはうっかり貴重品を入れたままその場を離れてしまいがちだ。

スマホホルダーの場合は常にスマホが目視できているので意外と放置しないものだが、スマホ自体が見えなくなるタイプのトップチューブバッグなどでは置き忘れてしまうこともあるものだ。

パンク修理セットや補給食の収納にも便利

スマホ用に設計されたトップチューブバッグはスマホを入れてもそれなりに余裕があるので、万が一のためのパンク修理キットを収納しておくにも良い。小型のエアポンプまで収納できてしまうので、特にスマホ以外入れる物が無ければそのように利用するのもお勧めだ。

一昔前はパンク修理セットの収納場所と言うとどちらかと言うとサドルバッグが主流だった。しかし、スマホが当たり前な今日では、どこか一つに集約するなら取り出しやすいトップチューブにまとめるのがいいかもしれない。

トップチューブバッグはステムの後ろ側になり、空気抵抗軽減の面でも理に適っている。サドルバッグはタイヤから飛ぶ水しぶきの影響でどうしても汚れやすく、細かな埃も入りやすい。また、テールライトの妨げにもなりかねない。私の場合はサドルバッグはどちらかと言うと、長距離走行の時だけ利用する大容量のサドルバッグを使うときだけに限定している。

ちょっとした補給食を入れておくにも便利だ。開閉が簡単であれば走りながら補給することもできる。もともとトライアスリートがこの部分に補給食を取り付けていたことからも分かるように簡単に補給できるエナジーバーなどをこの中に入れておくと便利だ。

Generic banners

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。