2回目の東京往復サイクリング その2 往路

準備を整えて夜11時に出発予定だったが、準備が終わらず、他にやることもできて、結局出発は午前2時頃となった。

登山用リュックサックだが背負ってみるととても重かった。

果たしてこれで自転車に乗れるのだろうかと思いつつもスタート。

まず失敗したのがヘルメットの後ろがリュックサックに当たってしまい、ヘルメットを被ったまま走行できないと言うことだった。

とりあえずしばらく走ってみたが、やはりヘルメット着用するのは無理だったので、ヘルメットを外してリュックの上に乗せる形で固定した。

もう自宅まで帰るのも面倒だったのだ。と言うわけでノーヘルで東京まで走ることになった。

それから、あまりにもリュックが重くて、ダンシングがまともにできなかった。その後、100kmも走るころには徐々にバランスのとり方に慣れてきたのだが・・・

かなりの重さだったが、比較的重心が背中の上の方になったので肩からつるされている感じの負担は思ったより少なかった。しかし、その重みは腰にずっしりと来ていたので腰への負担も気になった。

果たしてこんな重さを背負って箱根を越えて東京まで行けるのだろうかと言う心配はあった。

最初の坂道である日坂と諏訪原城の坂は思ったより楽に上りきることができた。

しかし、静岡市に着いた頃には徐々に重さが体に堪えてきたようで最初の休憩をした。とにかくリュックサックを下ろしたかったのだ。

ちなみに今回はスタート地点が自宅なので前回より片道当たり20kmほど長くなる。

コンビニの窓ガラスに映ったリュックを背負う自分の横から見た姿に唖然とした。こんなにでかいものを背負っているのかと実感した。こんなもの背負ってくるのではなかったと後悔した・・・少なくともロードバイクに乗る姿ではなかった。

とは言っても引き返すような距離でもないのでもはや進むしかない。

幸い宿にチェックインできれば良いので時間に追われてはいない。ただ、当初の15時にチェックインはもはや夢物語となっていた。

前回の反省を生かして、今回は最短コースを取らず、安全に走れる道を選んだ。その分距離が長くなるわけだが、こんなバランスのとりにくい状態ではなおのこと安全を優先しなくてはならなかった。

出発があまりに遅かったので静岡市ではもう明るくなり始めていた。

その後、富士や沼津で休憩を取りながら遅々としたスピードで進んだ。土曜日の朝と言うこともあり、同じ方向に向けてロードバイクで走る人たちもいたが、簡単に置いて行かれるようなありさまだった。

前回は沼津と三島で箱根へのルートに迷ったが今回はスムーズに入ることができた。しかし、今回も前回同様に睡眠不足だったので眠気プラスリュックサックの重みでところどころで休憩せざるを得なかった。

箱根の上りは前回同様歩道を進んだが、ペースは前回より早かったのではないかと思う。とは言え、車道を走っていくロードバイクよりは圧倒的に遅く、苦しい上りだった。それでも、前回走っていたので、あとどれくらいで峠なのか見当がついていてその分気分的にも楽だった。

今回最初にタフなロスをしたのは戸塚当たりだったと思う。前回のように自動車専用区間やそれに近い道路を避けるために迂回しようとしたのだが、かなり大きなロスになったのだ。1号線から北にそれ大和市方向へ向かうルートを走り、道に迷った。そう言えば、小田原でも道を間違えて北にそれてしまってロスがあったので、この時点でダブルロスだった。

とにかくそんなこんなで多摩川に出るころには4時を回っていたと思う。週末だからか、ロードバイクでサイクリングする人たちが多く東京方向に向けて走るサイクリストを多く見かけた。

東京入りしてから、たまたま前回と同じ交差点で停車して、これまた同様にそこにあった交番で日暮里方向への行き方を聞いた。これまた前回と同じお巡りさんだったので、やや面食らったが、この方も趣味でロードバイクに乗るとのことだったので、親近感が感じられ、また、全く土地勘が無い私に対して分かりやすく教えてくれたので助かった。

案内された通りまっすぐ行って皇居の堀にぶつかったら右に進んで日本橋方向を目指す。そして、確か、昭和通りに出たら左折して進む。日本橋まで行かずに銀座でにその通りがあったので左折して進んだ。やや不安だったのでそこにあったコンビニの店員に確認して再出発。

宿付近でも迷ったが、ここではスマホを起動させて場所を確認し何とか到着。5時半を過ぎていたと思う。

6時から大浴場で入浴可能なので、まずは入浴からだ。前日に送った荷物も無事着いており何とか予定通りいけそうだった。

風呂でフランスから来ていた人と1時間近くも話してしまったので食事をとったのはだいぶ遅くなってからになってしまった。本当は洗濯もしたかったが、夜遅くなってしまい、明日も8時に出発なので、明日の荷造りをして睡眠をとらなければならなかった。

とは言え寝たのは12時を回ってしまったが・・・

2回目の東京往復サイクリング その3

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。