目から鱗、意外と役に立つ洗濯バサミ

街乗りの用途にロードバイクを使うときに一番悩ましいのが、ズボンの裾をチェーンに引っ掛けて汚したり破れたりしてしまわないようにと気をもむことではないだろうか。

長ズボンを履くときには必ずレッグバンドを使ったり、裾を少し捲し上げたりしていた。

ところが最近私の主流になっているのは洗濯バサミだ。レッグバンドの代わりに洗濯バサミを使い外側に裾を二重に重ねて洗濯ばさみで固定してチェーンに当たらないようにするのだ。

これがとてもン便利で、バンドのように一周巻く必要もなく、とても重宝しているのだ。自転車から降りたら、洗濯バサミを外してポケットに入れるだけだ。唯一の欠点を言えば、信号待ちなどをしているときにズボンの裾に洗濯さばさみを付けている姿を見られると少々恥ずかしい気がする点だ。

とにかくこの洗濯バサミ機能はロードバイク用に商品化してもらえるとありがたいと思っている。ピナレロやコルナゴ、ブリジストンやシマノの洗濯バサミタイプのものがあってもいいのではないかと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。