東京から福岡まで2370円 青春18きっぷ

全国

青春18きっぷ

率直に言って青春18きっぷど広範囲を格安で移動できる鉄道きっぷはないと思います。最近は新幹線区間の広がりと夜行列車の減少で昔ほどダイナミックな用途は制限されるようになってきましたが、やはり今もお得感は断トツだと思います。

説明するまでもないと思いますが、5日分(5人分)で11,850円です。

期間は、春3月10日~4月10日、夏7月20日~9月10日、冬12月10日~1月10日

JR線であれば1日当たり2370円で乗り放題、途中乗り降り自由です。

例えば東京駅を始発に乗ればその日のうちに九州に上陸することも可能です。(最大で北九州市の小倉駅に日付が変わった0時05分に到着できます) 2370円で東京から九州まで移動可能と言うことです。

※青春18きっぷは日付が変わって最初に停車する駅まで有効です。

ちなみに東京駅では朝4時台に始発があります。この早い始発時刻は青春18きっぷで1日に移動できる距離を稼ぐための大きなメリットになります。私の最寄りの駅の始発は6時前後ですので大きな違いです。

通常、東京駅ー小倉駅は乗車券だけで13220円かかりますが、青春18きっぷなら2370円で済みます。10850円安く移動できるわけです。82%OFF料金相当です。

2370円相当では通常、東京から沼津程度までしか行けませんのでその威力が分かるでしょう。(東京ー沼津間2270円)

ちなみに東京―小倉を東海道新幹線と山陽新幹線を使った場合は22510円ほどかかります。青春18きっぷなら20140円安く済みます。割引率89%以上です。

ちなみに新幹線を使えば4時間45分ほどで済みますが、青春18きっぷだと19時間30分近くかかります。

この15時間近い差が20140円に表れているわけですが、急がず気長に行く旅であれば何のことはないと思います。15時間ずっと座っているわけでもなく、乗り換え時間もあり、時には乗り換え時間がそこそこあり改札を出ることもできます。

そもそも、東京―北九州間は極端な例なわけですが、時間を掛けて行く旅は日本列島の広さを実感できてとても良いものです。

青春18きっぷは断トツにお得な切符なのですが、唯一不便な点は使える時期が限られていることです。

まず、秋季には使えません。春、夏、冬の決められた期間の合計110日程度しか利用できません。

一年の内250日以上は青春18きっぷは使えません。

そのため、青春18きっぷを使える期間に合わせてリーゾナブルな移動をするわけです。

青春18きっぷが使えない期間はどうするか

私も、最初の頃は青春18きっぷの利用期間以外は格安な移動は難しいと思っていたのですが、探してみると、エリアに制限はあるもののお得に移動できる切符が他にもあることが分かります。

下記のリンク先にまとめてありますので是非それらも参照してみてください。

九州エリアでお得に利用できるきっぷ

東海エリアでお得に利用できるきっぷ

軽量スーツケース特集 トラベラーストア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。