問題は湿度の高さかな

今年の夏は本当に暑かった。

ただ、正直に言うとそれほど外で仕事の作業をしたわけでもなく、かといってロードバイクにも全然乗らなかったのであまり実感はない。

しかし、8月初めころにした草刈は大変だった。半日程度だったがバテ気味だった。

今年の夏、岐阜、大阪、京都に足を運んだのだが、やはり天気予報が報じる気温の通り暑かった。それぞれ電車で行ったのだが、駅を降りると熱気が体を刺すような感じだ。暑いと言うより熱いと言った方がいいかもしれない。

ただ、地元静岡より湿度が低いなあと実感した。湿度が低いと体感温度はかなり変わってくると思うのだ。

私が思うに、気温と同じくらい湿度に対して警鐘を鳴らした方がいいと思う。私が最近まで使っていたスマホは天気をホーム画面いよく表示させていたのだけど、たまに最高気温40度台になっていることがあった。しかし、よく見るとそれはエジプトの天気なのだ。そしてさらに良く見ると湿度がとても低いのだ。

おそらくエジプトの41度で湿度10%台は日本でいうところの気温32,3度湿度70%台位なんじゃないかと想像する。

地元では連日のように、決まった時間になると行政無線放送で「気象台から高温警報が発令されました・・・・」と言う放送が流れていた。もう、35度など珍しくなくなったものだ。

猛暑日が当たり前になってくると、あとは湿度の高さが体に与える影響を報じた方がいいのではないかと思う。同じ35度でも湿度80%以上と60%以下では感じ方も体に与える影響も違うと思うのだ。

ちなみに今年の京都は確かに高温だったと思う。ほぼ一週間ずっと最高気温が38度を下回らなかった時もあった。最高気温はは確か40度近かった。

丁度その高温の1週間の最後位に京都に一泊したことがあった。夕方5時くらいに京都駅から宿まで3,4km歩いたのだが確かにじりじりとした暑さがあった。湿度が低い分楽だが、暑さにあまり身体が慣れていないので、途中でコンビニに入ったりスーパーに入ったりして冷房に触れながら歩いた。そして、翌日は10時頃から夕方4時くらいまで散策すると言うことをやってみたのだが、水分さえ摂っていればそれほど暑さが気にならなかったのだ。この日は最高気温は37度台だったようだが、やはり湿度が静岡より低いこととが楽な要因だったと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。