クールランニング

今日は花粉が強烈だった。くしゃみが結構な頻度で出たし、鼻水も容赦なく出てくる。例年だと緩やかに花粉症シーズンに移行するが、今年はガツンとやってきたようだ。今外は久しぶりの雨になってきているので花粉症が軽くなるといいのにと思う。

なぜ自分がそうしたのかは覚えていないのだが今日の明け方にクールランニングと言う映画を動画サイトで見てしまった。所々飛ばしながら見たが懐かしかった。そして面白かった。確か1994年ころにはじみたと思う。調べてみると1993年にリリースされている。ジャマイカボブスレーチームがカルガリーオリンピックに出場したと言う実話に基づいたコメディーだ。観たことがない人にはお勧めしたい。

ちょっと驚いたことが、コーチ役で出演していた俳優がとても愛嬌がある風貌だったので検索してみると何と1994年に就寝中の心臓発作でなくなっているのだ。43歳の若さだ。映画がリリースされた翌年、私が映画を見た時には既に亡くなっていたことになる。これから活躍が期待されたときの突然死だったようだ。年齢は違うが最近亡くなった大杉漣さんと重なるところがある。

さて、冬季オリンピックは終わったばかりだが、この映画のように100mのトップアスリートがボブスレーに挑戦したらいいのにと思う。何といってもジャマイカにはウサイン・ボルトがいて元世界記録保持者のアサファ・パウエルだっている。映画では4人の内3人が100m10秒フラットと言う設定だが、ボルトは9秒58だ。パウエルも9秒7くらいの記録を持っているはずだ。ボルトはサッカーなんかに挑戦しているようなことを耳にしたことがあるが、ボブスレーで冬季五輪でも目指せば面白いのにと思った。

さて今日の練習だが花粉に苦しめられながら固定ローラーを45分。42x21でいつもに増して低強度で終始した。花粉の影響でうつむきながら惰性でぺダリングした感じだ。運動している方がそれでも楽でぺダリング中のくしゃみは一回だけだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。