御前崎

午後4時近くになって体が走りに行った。当初は山の方に行こうと思って家を出たのだが、出た途端に明るい方に行きたくなり海の方へ向かった。

御前崎まで行ってこようと思い南下した。今日は猛烈な西風が吹いているので行は楽だろうが、あまりに強すぎる追い風は好きではない。

基本的には追い風だが海岸線の国道150号に出るまでには猛烈な横風になることが多く油断したら転倒しそうなほどだった。右手から当たる猛烈な西風によって、自転車は進行方向に対して右に傾けて進ませるしかなかった。150号に出る前のコンビニでジャケットを脱いで再スタート。

150号に出ると53x13のギヤで追い風の中走った。数キロ車に近いスピードで走って行ったが、まだウォーミングアップが足りない時間なので肺が苦しくなった。そのため、浜岡原子力発電所付近の上り坂は追い風なのにのろのろだった。

海岸通りの道に出るとさらにまた追い風になったが、ギヤは53x15くらいだろうか、くるくる回しながら進んだ。

久々に見る海はきれいだった。波が押し寄せる風景は気持ちが爽やかになる。走りながらだったから、ゆっくり見ることはなかったが気持ちがいい風景だ。御前崎灯台手前では時速60km前後出ていたのではないかと思う。

御前崎を過ぎて進行方向が駿河湾川になると日陰になり急に時間の経過を感じた。せっかくなのでそのまま進まず御前崎灯台まで行ってみることにした。

灯台も久々に来たが、こんな強風の日でも訪れる人がいるようでちらほら歩いている人を見かけた。しかし、付近の店は閑散としていて来客など見込んでいるようには見えなかった。体は温まっていたが止まると一気に冷えるので自転車から片足を付いた程度で3分ほど休んだだけだ。

せっかくなので写真を撮ってみたが、手袋を外すとやはり冷たい。自転車上から見える風景を撮っただけなのでいい写真ではない。丁度市の同放無線のメロディーが流れたので時刻は17時だ。

帰りは駿河湾沿いに進み途中を左折して鬼女新田という地名のところを通って牧之原に上がりしばらく北上して東名高速道路や東海道線付近に沿って西進すると言うルートだ。昔から馴染みがあるルートだが久々だ。

帰りはほぼ向かい風だったのだが、53x14のギヤ比でずっと走ってきた。さすがに牧之原への上りで、しかも強烈な向かい風の場所は止まりそうなくらいの速度でダンシングするしかなかったが何とかこなせた。

しかし、前半で肺が苦しくなるくらいに一旦強度が上がったので心肺機能が活性化されたのか、きついとか疲れたなあと感じることは全くなかった。また、体感温度も丁度良く向かい風のわりに意外と走りやすかった。さすがに腰や右ひざが少し痛いなあと感じたので無理はしなかったが、途中でギヤを落とすのも何となく気が進まなかったのでダンシングを織り交ぜながら同じギヤ比で走り切った。

大腿部の筋力トレーニングにもなったと思う。地頭方という地名のあたりからテールライトを点灯して、牧之原に上がってからはフロントライトも点灯した。

2時間半くらいの走行時間だったようだっが、水分補給はエネルゲン300ml程度だった。汗をさほどかかなかったとはいえさすがにこれは少なすぎだ。

さて明日は祝日のようだが、トレーニングはどうしようか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。