自然体で回転数が上がった

今日は固定ローラーで50分ぺダリングした。

70分やろうと思っていたけど無理だった。明日用事があって静岡まで自転車で走ろうかと思っていたが、帰り道は雨に降られる可能性が高いことが分かり断念することにした。走りたい気持ちはあるが、流石に一桁の気温で雨に降られては無理だ。だから今日はいつもより長めにやろうとしていたのだが、50分で終わった点はやや残念だ。

しかし、今日はいつもと同じ42x21のギヤでダラダラ初めて途中から自然に回転数を上げることができた。練習に入る前に気になっていたサドルの微調整をしたことも影響したのだろうか。サドルがやや右向きにセットされていたのでフレームに対してまっすぐになるように調整したのだ。ねじを緩めてもシートピラーがなかなか動かないのでサドルヘッドを叩いて微調整するしかなかったので、どれだけ動いたのかは分からなかったがよりまっすぐにはなったと思う。

いつものごとくスタート時刻を確認すると、その後はできるだけ時計を見ないで走る。時計を見るとあまりの時間の経過の遅さにがっくりすることが多いのである程度のところまでは見ないのだ。

今日はいつもと違い途中から回転数が自然と上がっていったので、いつもよりは少し運動強度が上がっていった。そのため、初めてスマホの時計を見た時に思っていたより10分ほど時間が経っていなかった。

回転数を上げたために額から汗がたらたらと落ちていつも用意している500mlのペットボトル1本のエネルゲンではとても足りなんくなったため、70分は諦めた。そして、だんだんと上がってきた回転数を計測してみると45分くらいの時に104回転まで達した。少し意識して上げたのでやや無理があったようでその後はストレスを感じるようになって結局クールダウンも含めて50分で終えた。

しかし、95回転~100回転くらいではストレスなくスムーズに回せていたのではないかと思う。

次回は1リットルくらいの水分を用意して臨もうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。