頭が冷やされてふらふら

車代わりに自転車を利用することが以前より断然多くなってきた。

練習に外を走るのが億劫になる真冬のトレーニングにはもってこいの利用方法だ。しかし、今日のように気温が低過ぎると参ってしまう。往復で46kmくらいな距離だが、帰りはファミレスで食事をしてのんびりしてきたので、午前3時くらいに帰路についた。気温はおそらく氷点下2度くらいだろう。山間を通る道ではさらに気温が下がっているはずだ。ネックウォーマーはお腹を冷やさないためにジャージの中に入れてお腹を保護した。それにしても額が冷たすぎる。余りに頭を冷やされているので信号待ちするときなどに頭がクラクラっとする感覚がしばしばあった。路面凍結にも注意しながら走ったが、深夜でも大型車両が時々走る国道だけあってそれほど凍結の心配は無いようだった。

諏訪原城の上りでは多少身体があった待ったがいつものようにジャケットを脱ぎたい程になるには程遠かった。それにしてもこの極寒の中先日購入したサンティーニのレッグウォーマーは本当に役に立つ。800円台の安さだったがしっかりと足を保護してくれている。シューズカバーも当初思っていたよりも低気温帯でも使えることが分かったが、流石に今日はしばらく走っていると足がかじかむような寒さが襲ってきた。自宅まで3km程度になり街中に入ってくると気温がやや上がってきていることが実感できた。とは言え氷点下の気温には変わりないだろうが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。