2日 その1

珍しく朝6時過ぎに起きたので旧東海道小夜の中山まで歩いた。7時に到着したので、久延寺に初詣に行きその後で、ご来光を見た。2日にも日の出を見ようとは思わなかったが、一人でまじまじと日の出を感じられた今日が自分にとっては初日の出のような感じだった。標高が低い上に近くの山からの日の出なので出るとすぐに眩しさが強すぎで海から出る日の出とは少し違ったが、日光の温かさを感じられた。強い朝日を浴びたことで体内時計も朝方にリセットされていればいいなあと思った。朝日は粟ヶ岳の南斜面を照らして大きな茶の文字を浮かび上がらせた。

帰りは少し寄り道をして菊水の滝と言うところまで行ってみた。小さな滝で新年にはだれも訪れないだろうが、近くにある祠には餅が供えられていた。菊水の滝に向かう下りの道の途中でカモシカに遭遇した。まだ若いカモシカのようで少し小ぶりだった。相変わらず私の方を見たままじっとして動かないところがいかにもカモシカだった。それにしても、10年以上前には天然記念物であるカモシカなどいなかったのに、もう普通に生息しているんだなあと改めて思った。

10km近く歩いたのだろうか、実家に到着したのは8時半近で、箱根駅伝の第1区が手段のまま推移していた。箱根駅伝をダラダラド見ていたが、11時ごろにうとうとと30分ほど寝たようだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。