2回目のライディング

新しいサドルに変えてから2回目のライディング。

いつもの30kmほどの夜練。

走っていてまだややポジションが高い気がした。以前のサドルよりかなり堅いだけあって、座った時にほとんどサドルがへこまないようだ。フィジークアリオネR7とは何て堅いサドルなんだと思う。よくもこんなに堅いサドルを商品化したもんだと思う。

確かに完成車から外してオークション出品されていた理由が今となってはよくわかる。中古としてヤフオクに出品しようかな… 1500円くらいで出せば… などと走りながら頭をよぎった。とは言え、新たに購入する資金もないので使うしかない。

今まで使っていたフィジークにはあまりのフィット感に良い印象しかなかった。「フィジーク=最高のサドル」と言う印象しかなかったがため、名前と価格に釣られ安易に落札した結果だなあとつくづく思う。

クロモリフレームにこのバカ堅いサドルでちょっとした路面の凹凸でも股に響く。まあ、長距離を乗ることもめったにないだろうし、乗っていれば硬さにも慣れてくるだろうし、最適なポジションさえ出すことができればぺダリングには影響ないだろうとも思う。

ただ、サドルの堅さはサドルの表面と裏側のプラスチック部分も同様らしい。要するに全くと言っていいほどしならないサドルなので、上りをシッティングしているときなどに今までと違う感覚になるんだろうと思った。今までサドルのしなりなど考えたこともなかったが、今回はまざまざとその違いを感じた。大きな負荷をかけて踏み込むときに大きくしなっていた今までのサドルと全くしならないこのサドルでは大きくぺダリングが変わってくると思った。

まあしかし、新たに購入する余裕もないので、体をこのサドルに合わせるしかないと諦めます。(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。