サドル交換

先日ChainReactionで購入したフィジークのアリオネK:IUMを使った。購入して分かったことだが、以前使っていたフィジークのサドルと同じだった。Wingflexとサドルに書いてあったのでフィジークのWingflexと言うモデルだと思っていたが、今回購入したサドルにもWingflexと記されており全く同じだったのだ。レール部分のK:IUMと言う部分が消えてしまっていたので分からなかったが、おそらく同じ表示があったのではないだろうか。

前のサドルをよく見ると2007年製だ。そして、今回のサドルは2016年製だ。少なくとも10年間は同じモデルが作られていることになる。かなりお得な買い物をしたと思っていたが、10年前のモデルと同じかと思うと複雑な心境だ。しかし、とても良いサドルだったので満足している。
上が10年前のサドル、下が今回購入のもの。
実際今日交換して走ってみた。サドル自体が3㎜ほど前のサドル(アリオネR7)より高かったのでシートポストを少し下げる必要があったが、構わず走ったら、やっぱり少し高いようで、途中で3㎜程度下げた。前より少しサドルポジションが下がったようにも感じているが、しばらく様子を見ようと思う。さすがに、フィジークーR7より柔らかいので尻が痛くなるようなことはなかった。
今日の練習は新しいサドルを試しながら1周で終えた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。