新しいシューズカバーを使ってみた。

ChainReactionで発注した新しいシューズカバーが届いた。

イギリスのメーカーでSealskinszだ。もちろん全く初めて購入したメーカ―の製品だが、とにかく15年以上は使っているパールイズミのシューズカバーがもうボロボロでさすがにみっともなかったので替え時だったのだ。値段もお買い得で3,000円くらいだったことと、かかと部分にLEDライトが付いていることが気に入ったのだ。

常時点灯と点滅が2種類ある。赤い部分を押すだけで切り替えることができる。少し大きめのサイズを注文したのだが、実際に小さく見えて本当にシューズが入るのか心配したが無事装着で来た。シューズのビンディング金具部分はほとんど気にせず購入したのだが、底部分ははタイムの旧式使用で十分使えるようにカットされていたので良かった。

早速今日の練習で試してみた。自転車にはテールライトも付いているので右足のライトだけ点滅で使ってみたが、とにかくアピール度抜群だと思う。点滅する灯りがぺダリングに合わせて動くから後方から近づく車に対する視認性はとても良いと思う。横から見ても目立つと思う。

防寒効果はメーカーのランクによると中レベルの防寒表示になっていたが、今日の12度程度ではじゅぶんに温かかった。裏地に温かい素材が使われているわけでもなく内側と外側は同じだ。Sealskinzと言う名の通りアザラシの皮膚のような防寒効果が期待できるのだろうか。1月の寒さの中で試でどうなるかが問題だ。



さて走りの方は先日の御前崎練同様にどうも力が入らず回転数も上がらず心拍数も上がらないような感じだった。1周目の途中で少し回転数を上げてみたがやはり、心拍数が上がり呼吸がきつくなる前に疲れてしまうような感覚だった。

今日は1周で終わるつもりだったので予定通り1周で終えた。御前崎練は時間もかかるし疲れるのでしばらくは1プラス2/3練をメインに戻そうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。