心拍数が上がらない

深夜1時半ころに御前崎に向けて走った。

2日間練習しなかったので完全に体は回復していると思い、少し意気込んで家を出た。

ところが、どうも走れない。53x19で高回転で走るつもりだったが、回転数が全く上がらない。心拍数も上がらないようできつさもない。1時間近く走っても全く状態は変わらず、低速のまま進む。

家を出て30分くらいすると、路面が濡れていて、少し前までだいぶ雨が降ったようだった。と言うのも、路面が一面水浸しで、轍(わだち)部分は水たまりになっているのだ。相当降ったのかなと思いながら走っていたが、一向に路面は変わらず、気が付いたことが、この時間全く車が通らないから、轍部分に溜まった水が車によって除去さることがないということだ。おそらく予報通り大した雨は降っていなかっただろうが、車が通らない分、日中より大きな水たまりが残ってしまうのだ。これが真冬だったら、翌朝のアイスバーン化が怖いだろう。

予報だと午前5時くらいから少雨になっていたので、それまでに帰宅できれば良い。幸い8割は濡れた路面だったが雨にはほとんど降られなかった。

気温が17度くらいあるようで暑いくらいだったが、運動強度が全く上がらなかったので汗を大してかくことが無く、気が付いたら御前崎を過ぎるまで全く水分補給もしていなかった。53x19のギヤ比で低回転の練習ではいったい何の効果があるのだろうと思いつつ走っていた。せいぜい脂肪燃焼できることくらいだろう。

午前1時半すぎとなれば体も睡眠を欲する時間帯だから、運動強度を求めるのには無理があるかなと思い始める。車が走っていいないから、道路状況は申し分ないのにな・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。