フィジークに要注意

フィジークのWingFlexと言うサドルを10年以上使っていましたが、ここ3年くらいはサドル裏の左端が折れた状態だったので今回新しいサドルをヤフオクで落札しました。

ただ失敗したなぁと思うことにもう少し下調べしてから購入すべきだったと思いました。

届いたサドルはフィジークアリオネR7というもので、新車から取り外した物でしたので、当然新品だったのですが、一見してなんか安っぽいなぁと思いました。そして、表面が固いのです。

よくよくネット上で評判を調べてみると、フィジークでも完成車用に生産されているような廉価品だと言う意見などがあり、同じフィジークーでも違うんだなぁと思いました。

5500円に送料600円の6100円かけたわけですが値段相応の価値なのだろうと思いました。

とは言っても、手に入れたからには使ってみるしかないので早速サドルを交換して乗ってみました。ちなみに今まで使っていたサドルを計測すると237gでした。そしてこの新しいアリオネR7は243gでした。(重さは気にしないのですが)

購入前から思っていたのですが、10年も使ってるとサドルトップが数ミリ沈むんだろうと思っていました。そのため、同じサドルを交換する場合は下がった分シートポストを下げる調整が必要だろうと思っていました。しかし、実際両サドルの高さを比べるとほぼ同じでした。

まあ、ウィングフレックスとアリオネの違いがあるだろうから比較はできないにしても、ウィングフレックスはおそらく高さにほとんど変化がなかったのだろうと思います。よくできたサドルだ。

と言うことでシートポストの高さを変えずにサドルをセットして、走ってみると、違和感ありでした。あまりのサドルの堅さに一番違和感があったのですが、乗った時に今までのサドルのようにサドルがへこまないようで、結局はポジションが高くなっていることが分かりました。

そのため、走りつつ2回ほどサドルポジション下げ、今までより3㎜ほど下げました。そうすることで今までのポジションに近くなった気がしましたが、サドルの堅さは何ともなりません。

長距離のライディングには不向きだろうと思います。今までの左端が折れたサドルを使っていると左足を踏み込んだ時にサドルの左側が下がってしまうので、それに比べたらバランスが取れたぺダリングができることで納得するしかないなと思いました。

教訓: フィジークにもダメなサドルがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。