午前3時過ぎから走る

今日も自転車練習無しになってしまった。

しかし、3日間何も練習に行かないのはまずいので午前3時近くに帰った後走りに行った。

この時間になるとさすがに車はかなり少ない。一般車より大型トラックなどの運輸関係の車がほとんどだと思う。そういった車やこの時間に活動している新聞配達の原付バイクに注意する必要があることを頭に入れながら走った。

最近は乗った感触があまり良くなかったので、あまり期待せずに走り出したが意外と走りやすかった。サドルの高さはどうだろうと思ったが特に問題はなさそうな感じだ。追い風気味だったので53x17でくるくる回して走った。サドルは下げる傾向にあったが、ハンドルの高さは変化させていなかったからか、下ハンドルを持って走ってみると走りやすかった。そのため今日はかなりの時間下ハンドルを持って走った。

途中から53x15で走ったが、向かい風気味になるとやはり踏めない。しかし、高速走行をするためにはこのギヤを踏む必要があるので今日は踏んでみた。平坦から緩やかに上り基調になるところまで踏んでみた、全く踏めないわけではなく、このギヤを踏むために丁度良いパワートレーニングにもなったと感じる程度で走ることができた。

また、下ハンドルを持って走るときにどのような姿勢で走れば効率的にペダルに力が入りやすく、一番ストレスがない姿勢なのか感じ取ることができた。尻の位置はサドルの上で変化させることなく、状態を前に突き出す感じ(頭を前委に突き出す感じ)で走るとスムーズに走ることが出来ように感じた。この時にしたハンドルのバーエンドに近い部分を持つと一番走りやすいと感じた。腕と足が一番近づくような姿勢になると思う。但し高速走行時はブレーキに指が届く位置を持って走る必要がある。

走れないと感じる時は踏み込みにパワーが感じられず、手足胴体がばらけているようで、力が分散しているように感じる。とても自分がひ弱に感じる。しかし、今日のように良い感じで走れているときは体全体が一体化していて、力強く感じる。この違いは何なんだろうなぁとは感じるのだが・・・まあ、とにかく練習を継続して見るしかないだろう。

やや空が明るくなってきたのではと思ったら家に着くと4時半近くになっていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。