稲刈り

今日は実家の稲刈りを手伝った。

それで疲れてしまい練習やめてしまった。

こんな理由で練習止めるのは情けないなぁとは思うが、慣れない仕事をすると疲れるもんだなぁと思う。稲を刈るためのバインダーと呼ばれる機械を動かして稲を刈る作業を続けていただけだったが、前日に降った雨でぬかるんだ地面と機械の向きを変える時に力を入れる必要があったのが疲労した原因だと思う。まあ、一年に1回の作業なので慣れるはずがないのだが。

それにしても予定外のことだったのが、数日前にイノシシに入られてしまい稲をむちゃくちゃに荒らされてしまったこと。イノシシは稲を食べることはないようだが、田んぼの中で走り回って遊んでいたようで、だいぶ稲を倒されてしまったのだ。完全に倒された稲を手で一つ一つ起こさないと機械で刈れない状況になってしまったため、想定よりかなりの時間がかかった。しかも、今日中に終わらなくなってしまった。

まあこんなこともあるのだろうけど、何分初めてのことで来年からはイノシシに入られないような対策を講じなければとのことだった。

それでも、たわわに実った稲が黄金色に揺れているのを間近に見ていると季節も感じるし、日本の原風景と言うか、言葉では表せないような幸福感もあった。稲が刈り取られた後の地面も何とも言えないきれいな風景で、こういうものを見ると気持ちが安らぐと思った。

明日は時間が取れるか分からないが何とか走るつもりだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。