Amazonで新しい寝袋を購入した

Amazonで新しい寝袋を購入した。

とりあえず冬に暖房無しの室内や車内で睡眠がとれるような寝袋を購入したかったので、それらしいものを探した。

特に時間をかけて探したわけではなかったが、Amazonで手ごろな価格帯で、購入者評価が高いものを選んだ。

色が10種類程度あったので、どの色にしようか迷ったが、とりあえず、すぐに使いたかったので、アマゾンプライムで購入できるカラーからダークグリーンを選んだ。

カラー以外は羽毛の量が三段階から選べるようになっていた。このことの方がカラ―よりも重要な点で、羽毛の量によって対応温度帯が決まる。もちろん冬用に使えることが目的だったので、一番羽毛の量が多いものを選んだ。マイナス5度まで対応できるらしい。もちろん羽毛の量が多くなれば価格は高くなっていく。しかし、一番羽毛が多いものでも送料込みで3900円程度なので買い求めやすい。

翌日には到着して2,3日後には使用してみた。

暖房を切った後の室内温度が5度くらいになるような場所で使ってみたが特に問題なく暖かかった。強いて言えば、脚の部分にもう少し羽毛があればさらに足先までぽかぽかでいられるのではないかと思えるた。まあ、この辺りは安いモデルなので仕方のないことだろう。

もし、足先をさらに温かくしたければ靴下を履くなどして工夫すれば済む話だ。

追記:約2カ月ほど室内で使ってみた。

下の写真のように敷布団の上で使うと寝心地が良く保温効果もあったのでこれが寝やすかった。今までベットの生活をしていたのだが、この生活を約1カ月ほどしてみた。

私は900g、1.4kg、1.8kgの3種類の内から一番保温効果の高い1.8㎏を選んだわけだが、やはり使い続けてみると、室内でも冬場の一番寒い時期では寝袋だけだとやや物足りないことが分かった。寒さで目が覚めるようなことはなかったが朝目を覚ましたときにやや寒さを感じた。

そんな時はこの上に極薄手の毛布でいいので、寝袋の上に掛けておくと朝まで温かく保つことができた。

1.8㎏の場合は−5度まで対応となっているが、それは無理があると思う。最低気温が5度を切る環境ではこの寝袋だけではやや心もとないと思う。

氷点下のような環境では厚手の靴下を履いたり、必ず保温材を敷いた上で使う必要があると思う。しかし、冬の車中泊程度なら厚手の靴下等を用意しておけば極寒な地域でない限り真冬でも十分使えそうだ。

185cmくらいまでの身長の方まで使えると思う。それ以上となると少し長さが足りないと感じるかもしれない。その場合は首元に何か温かいものを羽織る必要が出てくる。

ファスナーを開くと完全にフラットになる。また、天気が良い日には外干しもしやすいのでなかなか良い。

ファスナーの閉めた最後のポイントはマジックテープで固定できるようになっている。

特にこの寝袋の不満な点はないが、敢えて挙げるとすると付属のバッグに収納しにくい点だろう。慣れてしまえば問題ないのだろうが、うまく圧縮してきれいに袋に収めるのに意外とてこずる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。