Maxxis Relix マキシス レリックス を購入した。

タイヤがだいぶすり減ってきたので新しいタイヤを購入した。

今まではミシュランプロ3かミシュランリチオンを使うことが多かったが、今回はなかなか良さそうなタイヤを見つけたので試してみることにした。

それが、Maxxis Relix (マキシス レリックス) だ。サイズは今までと同じ700x23C。表示からすると、トレーニング用ではなくレース用のタイヤだ。

まずミシュランタイヤと違う点がトレッドの凹凸がすごい点だ。マキシスはどちらかと言うとマウンテンバイクのタイヤで名が通っているようだ。その影響からか、とにかくタイヤ表面の細かな凹凸が半端ない。ザラザラ感が凄まじくグリップ力がとても良いだろうと思う。その上、そのザラザラ感がサイドにも施されている点がとても気に入っている。今年の初めにミシュランプロ3にタイヤ交換して数日でサイドが切れてバーストしたこともあり、サイドが補強されている点には安心感がある。

私のメインホイールマビックコスモスに装着した,マキシスレリックス。見た目とは裏腹に柔らかいタイヤなのでタイヤ交換もとてもしやすかった。

蛇のうろこの様なタイヤ表面。

特徴をまとめると以下のようになる。

・とにかくタイヤ表面の細かな凹凸がすごい。ワニとか蛇の表面の様な感じだ。実際 Mamushi というモデルがあるくらいなので蛇の様なタイヤだ。

・サイドにまでタイヤ表面と同じような細かな凹凸が施されているのでサイドのバーストを防いでくれる。

・PTI値170と高くしなやかで柔らかい。そのためタイヤのホイールへの装着もとても楽だ。ちなみにミシュランプロ4でPTI値110だ。見た目のごっつさとは裏腹で軽いタイヤだ。同じサイズのミシュランプロ4と比べると、ミシュランプロ4が225gなのでそれよりも軽いのだ。

ちなみに定価が税込み6,696円なので価格帯からもハイエンドモデルに入ると考えられるが、今回はヤフオクで格安の値段で手に入れることに成功した。

Maxxis Relix Dual Compound Silk Shield Folding Bead 170TPI Clincher Bicycle Tire (Black - 700 x 25) by Maxxis

実際に走った感触

グリップがしっかりしているからなのか踏み出しはミシュランタイヤよりもスムーズな感じがする。そして、流石にコーナーでのグリップ力はとてもよい。これなら絶対に滑らないだろうと言う安心感が持てると思う。グリップ力が十分で、サイドまで耐パンク対策が施されているので、ツーリング用にも合っていると思う。ブルべなどの長距離走行をするサイクリストなどにもお勧めできると思う。700x25cもあるのでツーリングやブルべには少し太めを選んでもいいと思う。25cでも215gなのでミシュランプロ4よりも軽量だ。平坦を走った感じのスピードの持続性は特にミシュランプロ3と変わらない感じだ。

ロードバイク用のタイヤとしてはまだそれほど知られていないのでマキシスレリックスはダークホース的なタイヤだと思う。

追記: マキシスレリックスを使い始めて1年経ったがこのタイヤにはとても満足している。コーナーでのグリップ力がとても良く、下りのコーナリングに安心感があってとても良い。また、スピードの出やすさも何ら気になる点はない。また、パンクのしにくさはやはり本物だと思う。何度かパンクのおそれがることがあったが全く問題なしだ。(唯一路面状況が全くわからない暗闇で何かに激突して落車して起きたパンクを除けば・・)

外見とは裏腹に軽く柔らかいタイヤなので耐久性は心配していたが今のところ全く問題ない。

とにかく、個人的にはこのタイヤをこれから使っていきたいと思っているほど気に入っている。ただ、値段が今まで使っていたミシュランプロ3やリチオンと比べると高価な点のみがマイナス面打。とは言え走行性能と安全性を優先すれば多少高くてもこのタイヤは本当にお勧めだ。まだそれほど知られていないので本当にダークホース的な存在には違いないと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。