念願のまぐろいっぱい丼 清水往復

日曜日は用事があり掛川清水の往復をロードバイクで行くことにした。

朝五時半頃に出発。睡眠時間は2時間もなかったので、目覚ましが鳴った時に、電車で行こうかと頭をよぎったが何とか起きて準備をした。

天気は良く、気温も低くはないが走り初めに体を冷やしたくなかったのでウィンドブレーカ―だけ着ていき、諏訪原城への上り手前で脱いだ。

6時台は朝日に向かって走る状況になってしまいかなり危険だ。十分に明るかったがしばらくヘッドライトとテールライトは付けたままにして走った。

相変わらずディレイら―の調子がおかしいままなので重いギヤでひたすら走る。宇津ノ谷峠の上りも53x14くらいのギヤで上ってしまった。静岡駅からの道は不確かだったが駅南を走り目的地のエスパルスドリームプラザに到着。海に面したこの場所からは富士山も綺麗に見える。

港になっているので波は感じられない。普段ここで生活している人たちにとってはごく当たり前の景色かもしれないが、海があっていくつも船が止まっていて海鳥たちがいる風景はとても癒される。天気が悪ければそうでもないだろうが、今日のように天気がいいととても素晴らしい光景だ。

所要を済ませて、今日の目当てでもある。清水港近くで食事ができるまぐろ館と言うところに行く。自転車で5分程度のところだが、言ってみるとかなり混雑していた。相当な盛況ぶりだった。

お目あては、ストップと言うまで盛り続けられると言うまぐろいっぱい丼だ。建物の2回に食事処が数件入っていて、その中の一角にお目当てのメニューを見つけた。満席で、入り口で名前を書いて順番が来るのを待つ。

待っている間にメニューを見たが、さすがに清水港だけあって新鮮で豊富な海鮮を使ったメニューにボリュームがあって良心的な値段だ。

30分も待たなかったと思うが、さっそく中へ入ってメニュー表など見ずにオーダーした。

ネット上だと白いご飯が入ったどんぶりが提供されて、その場でおばちゃんがボウルに入ったマグロの切り身を盛ってくれるとのことだったが、既に、マグロの切り身が乗っていた。さては、メニューを間違えたかと思ったが、続いて例のボールを持ってきた。

そして、さっそく盛ってくれた。ネットによると5杯盛ってもらったお客さんが、もうしばらくマグロは食べたくないと言う感想だったので、4杯にしておこうと決めていたのだ。

3杯でも十分だと思ったのだが、4杯にしてみるとこんな感じだ。

私の周囲でも結構このまぐろいっぱい丼を注文する客は多くて、そのたびに様子を見てしまった。まぐろいっぱい丼は1020円だ。小鉢はゴボウの炒め物、それから、マグロのミンチカツとキャベツの千切りにみそ汁が付いていた。

特性のたれに使ったマグロの切り身を盛ってくれるのだが、ややうす味なので用意されたネギとわさびに醤油を入れてさらにマグロにかけて食べた。

とにかくマグロを食べども食べども、白いご飯に行きつかないと言った状況が続き、食べきれるだろうかと不安になった。しかし、好きなだけ頼んでおいて残すのはマナー違反だ。

味はなかなかよろしかった。さすがに清水港で水揚げされた新鮮さもあるだろうしたれの味も良かった。マグロを食べ続けていたが特に飽きが来るわけではなかった。ただ、マグロだけとてつもなく多く食べるより、10種類くらいの刺身が入った海鮮丼を味わえた方がいいような気もした。

しかし、朝食抜きで走ってきて、今までコンビニのおにぎり一個しか食していない体にとっては最高の栄養補給になるだろうと思いしっかりと咀嚼して完食した。もうしばらくマグロを食べたくないとは思わなかった。来る機会があればまた食べたいと思う。

ちなみにどんぶりのご飯は酢飯になっている。もし、普通のご飯の方が良いと言う人は注文時にスタッフにそのことを依頼するようにと掲示されていた。

とにかく、2,3年ほど前から一度食べてみたいと思っていたメニューを食べることができて満足だった。

食事中に、まだ外で入店待ちしているお客さんがいると思うとそれほどくつろいだ気分ぬなれなかったと言うのも正直なところだ。

食べ終わって廊下へ出ると、客でごった返していて1階へ降りるのも一苦労だ。さしずめ東京の満員電車相当だ。外へ出るとすぐに海で、水上バスの船着き場もある。とにかく穏やかないい天気で傍に海があると心が安らぐ。観光客やら海鮮料理をお目当てに来る人やらでそれなりににぎやかな雰囲気もまたいいものだ。お腹いっぱい食べたのでしばらく海を見ながら座って休憩した。

午後再び仕事の用事を済ませて帰路に着いた。

清水と言えば ちびまるこちゃん でもある。

16時半過ぎの波止場。

なるべく明るいうちに静岡を抜けるべく走り出した。悪いことに夕日に向かって走ることとなってしまい、朝同様に危険時間に危険方向へ走ることとなってしまった。安倍川を渡るころには薄暗くなってきたので再度ライトをつける必要が出てきた。

相変わらず重いギヤを使っていたが、その影響が出始めたのか藤枝市付近からでかなり疲れてきた。今まで何も疲労感が無かったのだが、重いギヤを使っていたことでグリコーゲンが枯渇してしまっただろうか。藤枝を通り過ぎようとする辺りで堪らずコンビニに入り補給した。まぐろいっぱい丼のエネルギーでもトータル熱量としては足りなかったようだ。筋疲労を起こしているようなのでザバスのプロテイン飲料なるものを飲んで再出発。回復したかなあと思ったがやはり筋疲労は回復せず大井川手前のジョイフルで夕食を摂って帰ることにした。

食事直後あまりの眠気に15分から20分程度うとうとしてしまったようだ。さすがに睡眠時間2時間にも満たなくてはこうもなるだろう。結局帰宅は22時近くになった。

総距離では130kmくらいになったのではないだろうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。