九州エリアの乗り放題きっぷ

旅名人の九州満喫きっぷ

この切符の最大のメリットは、JR、私鉄に関わらず九州の鉄道をほぼすべて乗り放題という点です。これにより、九州7県の主な観光名所に全てに鉄道でアクセスすることが容易になります。

また、使用期限は購入日より3カ月ですが、青春18きっぷのような決まった使用期間はありませんので、1年を通して好きな時に使えます。

価格は10800円で3回分(3人分)。一日当たり3600円なので、青春18きっぷの2370円と比べると高いですが、これは私鉄にも乗り放題という理由でしょう。

ただ、一点留意したい点は、1日当たり3600円と言うと、通常の切符でも200km以上の距離を移動できる料金だと言うことです。例えば、博多から佐賀を経由して長崎に行っても、通常料金は2810円です。それだけのためにこの切符を使っても意味がありません。

ですから、このきっぷをお得に使うのであれば、例えば3日間かけて九州全土をめぐるような旅を計画すると言った、ダイナミックな工程で威力を発揮します。(そこまで大きな計画はいりませんが・・・) または、前述の博多―長崎間を移動するにしても、その間にある唐津、伊万里、佐世保などの欲張って複数の観光地を巡るような計画を立てる際にはとても利用価値があります。その際には、私鉄も乗り放題であることがいかんなく発揮されるでしょう。

青春18きっぷと組み合わせることで最大に威力を発揮

九州や九州に近いところに住んでいる人には関係のない話ですが、例えば東京や私のように静岡に住んでいる者にとっては、九州自体が遠い土地です。

そこで、九州全土をめぐるようなローカル線の旅を企画した場合に、九州までアクセスに青春18きっぷが威力を発揮します。

青春18きっぷの記事で例示したように、青春18きっぷ一枚で東京から北九州まで1日で移動することができます。

そして、九州入りしてからこの旅名人九州満喫きっぷを使うわけです。しかし、実際のところ、3回分では九州全土を周るには足りないのが実情です。

例えば、福岡から出発して反時計回りに佐賀、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分、とめぐってもとても3日で網羅するのは無理でしょう。

そこで、私が考えるのは3日間で鹿児島か宮崎までフルにこの切符を使って周遊し、4日目以降は青春18きっぷを使って福岡に戻ることです。

地図で見ると分かるのですが、鹿児島、宮崎、大分、福岡をつなぐルートはこれと言った私鉄もなくJR線だけで済んでしまう単純なルートです。このルートを直線的に進むだけならなにも私鉄を利用できる九州満喫きっぷを使う必要はありません。

1週間旅行に充てられあるのであれば、この2つの切符を組み合わせて九州をフル移動する旅ができます。

もちろんこれは九州を網羅するように1周しようと言う計画にある話ですので、九州を限定的に鉄道で巡るならそこまで考える必要はありません。

東日本を乗り放題できる切符

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。