knog

今日は午前中地元の祭典準備に参加、2時間くらいしか寝てなかったので午後4時間くらい寝てしまった。起きたら既に18時で真っ暗だった。おまけに朝食は食べず昼食も簡単に済ませていたので20時過ぎに食事をした。そのため今日は走らずじまいになってしまった。

引き出しの中にknogと言うブランドの小型ライトが眠っていた。小型のフロント用LEDライトで伸縮性の樹脂をぐるっとハンドルバーに巻いてひっかけて固定するタイプだ。ボタン型の電池が2個使われている。せっかくなのでフロント用第2ライトとしてこれから使ってみようと思う。電池が切れているので点灯はしなかったが、取り付けてみた。

残念ながらハンドルバーには取り付ける場所がなかったのでSTIレバーから出るコードの交差部分に巻いて取り付けてみた。乗ってみないと何とも言えないが一応固定できているので乗るのが楽しみだ。今やSTIのコードはカンパと同じくハンドルバー内に収まるわけだが古いタイプはいまだに外にコードがむき出しになっている。確かに外に出ているのはかっこ悪いが、ライトをつける場所として役立った。

ところでkongとはどこのブランドなのかと思ってネットで調べてみると、ロンドン出身のデザイナーが、メルボルンに移り住んだ後にできたブランドだと言う。デザイン性を売りにしたブランドのようでここ最近は自転車のライトなどで知られるようになっているようだ。私は数年前にChainReactionか何かの海外のサイトで購入したと思うっているが、Amazonで検索してみるとAmazonでも売られている。フロントとリヤのセット売りのようだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。