ヤフオクでロードバイク用のバックパックの探し方

正月休み中にヤフオクを利用してバックパックを手に入れた。12月に長年使っていたバックパックのファスナーが壊れてしまったためとうとう使えなくなってしまったのだ。

 長年苦楽を共にしたプリンスのバックパック。中は上下に仕切ることができて、下の部分にシューズを入れて使っていた。テニスのプリンスとして知られているが何年か前に破産しているので、レアなアイテムかもしれない。

どうしてもバックパックがないとロードバイクで仕事に行くことはできないため必要だったのだ。とはいっても長らくロードバイクは使っていなかったが、昨年同様に少なくとも冬場はトレーニング代わりにロードバイクを使いたいのだ。

ヤフオクでバックパックを購入するのはこれで2回目だ。前回はロシアに行くために大きめのバックパックがほしかったので行く直前に何とか手に入れた。

ミレーの中古だったが2,3回しか使用していないとのことで5000円即決出品していた。容量も確か50-60ℓくらいだと思ったが、定価が2万円を少し超えるくらいのものだったので物は確かだと思い即決したのだ。なによりも、使いたい日まで時間がなかったのだ。個人出品の方で、評価も良く連絡を取ってみると返信も早くすぐに発送可能だったことも決め手になった。実際すぐに発送してくれたのでありがたかった。

実際に届いたものは、容量は満足いくものだったが、想定外だったことはあまりに本格的な登山用で背中にはプレートも入っていて、重量もそれなりにあったことだった。こんなので箱根を越えて東京までに二百数十キロ走ったわけだが、本当にハードだった。東京往復サイクリング参照。

しかし、ロシア行に使用した後は使い勝手があまり良くなかったのでそのままヤフオクに出品して売却した。幸い同じくらいの価格で売れたので、プラスマイナスゼロと言ったところだった。

売った理由としては本格的な登山などやる予定もなく、自転車用のバックパックとしては重すぎて大き過ぎた。そして何より、肩から上に長く伸びた部分がヘルメットに当たりサイクリングでは使えないのだ。

この経験を生かして今回は容量が50リットル以下でヘルメットの邪魔にならないものを探してみた。うまい具合に私の用途にぴったりなものが安価で手に入ったので以下にレポートしてみる。

ヤフオクで2000円で落札できた新品未使用のバックパック。今後はサイクリング時にこれを使うことになる。

ヤフオクで自分の用途を満たすバックパックを探すのは意外と大変

実は年末に探してみたのだが探すのに時間がかかって半ばあきらめていたほどだった。こんなことに時間を要するのがばかばかしくなってきたのだ・・

まず最初に厄介なのがバックパックの出品数のあまりの多さだ。それから、名称としても、バックパック、リュックサック、ナップサックなどいろいろな呼び名がある上、出品カテゴリーも絞りにくいのだ。スポーツ、アウトドア、メンズ、バッグ・・など。

さらに、容量を限定することもほぼできないのだ。具体的な○○リットルのカテゴリーはないようだし、そもそもリットル表示は登山用に限定されるだろうし、容量表示自体メーカーによってはあまりあてにはならないと思う。結局、リットル表示、縦横高さ表記や、単に大容量などと、出品者がそれぞれタイトルに入れている内容をヒットさせるくらいしかできないようだ。シューズならばまだジャンル別や、サイズ別、カラー別などがそれなりに用意されているがバックパックはそうはいかないのだ。

そんな状態なので探すのに時間がかかるのだ。とりあえず私は、価格とサイズが最優先だったので、新品か中古はそれほど問題ではなかった。もちろん安くても状態が使い古したものは要らない。

いろいろ見ていて学習していくのだが、普通に検索すると新品1円のものが最初の画面にたくさん出てくる。よく見るとそれらの多くが海外から出品されているものだ。(おそらくほとんどが中国)

注意すべきことは、これらを安く購入できても送料が高いことだ。場合によっては数千円かかる場合があるので要注意だ。それから、海外だけに発送から到着までに時間がかかるのだ。私はすぐにでも使いたかったので、これらの出品は対象外。したがって、出品地を本州、四国、九州に絞ったがそれなりに有効だった。北海道と沖縄は送料が高くなるし、出品数自体が多いだけにこの際省いた。

出品地を限定しても相変わらず1円新品の商品は出てくるので、用途に合いそうなものを試しに入札してみたが、ほとんどが最終的には3000円以上になるようなのであまり意味は無いように思えて選択肢から外した。それから、1円出品者はほとんどがストアであるため、迅速な発送などを求めるのは難しいと思った方がいい。そういう意味で同じような商品で迷ったら、個人出品者で評価が高い出品者を選んだ方が無難だと思う。何もバックパックに限ったことではないが・・・

利益をあまり考えていない個人で、評価が良い出品者をターゲットにした方が選びやすいと思う。出品数が多いアイテムだけにその方が探しやすくなると思う。

まず、キーワードカテゴリーを選択するか、キーワードを入力してみて一番適当な商品が表示されそうな検索から選ぶ。次に出品地、価格帯を絞る。さらに、安価な順番に並べ替えた上で、1円出品を無視して、掲載画像とタイトルを見ていく。

絞って行った分選びやすくなるが、ここからは1ページづづ見るしかない。見た目の好みはあるので掲載画像はとても重要だが同じように容量も重要だ。その2点に着目してながら安い順に見ていくのだ。

そんな中で決め手となったのが、写真と容量に納得出来たら、お手頃な価格で即決価格のみで出品しているものだ。

1円の新品出品にしろ、人気ブランドの中古にしろ最終的には価格は高くなるものがほとんどだ。そんな中自分の条件に合った商品の即決価格がブランド問わず3000円以内のものを選ぶのが一番いいように思ったのだ。

今回はこの流れで探してみて2000円即決出品していたものが、デザイン、容量、ともにOKで新品だが未使用だったので即決した。また、個人の方で100%評価されている方だったのでやり取りも早く正月3日と言うのに発送を完了してくれた。この辺りはストアにはあまりないメリットだと思う。

結果的には前回のロシア行時の落札とほぼ同じ流れではあるのだが、ある程度絞って自分に合うものを選び、その中から個人の即決出品を落札するのが一番いいと改めて思った。

出品者の心理からすればいいものだが不要になったので安くても売ってしまいたいと言う、どちらかと言うとフリマスタイルのものをオークションから選ぶところがポイントかもしれない。

いいものを見つけたと思っても入札前に必ず定価や評判をチェックする

ただ、一応入札前にその商品の実際の定価をチェックしすることは必ずしている。今回は New Outlander といういかにも名の通ったブランドっぽく聞こえるが聞いたことのない名前だったので調べてみると、中国ブランドでAmazonにも少し出品されていた。

いくつか情報を見ると、70ℓまでの商品をリリースしており、名の通ったブランドと比べるとかなり安いことが分かる。しかし、購入者のレビューをいろいろと確認すると、必要十分なつくりであることが分かり、長く使ったときの耐久性のみどうなのだろうかという程度だったので、私の用途に対しては全く問題なかった。

ちなみに後で知ったが私と同じバックパックもアマゾンに出品されていた。興味がある方は下のAmazonリンクからチェックしてみてほしい。参考価格の17,980円が本当ならかなりお買い得であるとは思う。私はレッドを手に入れたが全部で4色、少し容量が大きいものが1色あることが分かる。

人気があるブランドか、そうでないかを考えて購入する。

ある意味この点も重要だ。

ミレーとかグレゴリーなどはブランド力だけで人気があるので、中古でも高値が付く。私が経験した通り5000円で落札した中古のミレーでも、要らなくなったら再度出品しても5000円以上で売ることが可能だ。

もちろん出品時の状態にもよるが、ブランドネームはそれなりに信用度が高いので安定した価格で取引されているのだ。

私の基準としては(あくまで素人であるが)、クウォリティーに関しては相当本格的な登山をしない限りは、必ずしもブランドにこだわる必要はないと思う。もちろん、そのブランド自体が好きだとか、そのデザインが好きならば別の話だが・・・それから、よく耐久性の良し悪しについて言われるが、確かに有名なブランドのバックパックは生地やファスナーや縫製が優れているだろうとは思う。しかし、こればかりは少なくとも最低でも、2,3年は使ってみないと分からないことだと思う。

まとめると、手放したくなる可能性があるようなものだったり、雪山登山など相当本格的な用途を目的としている場合は信頼できるブランドを選択する方がいいと思う。それ以外であれば、ブランド名にこだわりがない限り、ノーブランド系であっても容量やデザインから用途に合ったものであれば安価なもので十分だと思う。

ロードバイク用のバックパックとしてほしい機能

私が必要とする用途についてあまり書かなかったので書いておく。

ロードバイクとは言っているものの、私の自転車がロードバイクなのでそういているだけで自転車用のバックパックとして考えてもらって構わない。

私の用途としてはまず第一に、自転車通勤の用を満たすこと。これは、具体的に言うと、スラックス、ワイシャツ、ジャケット、シューズが十分に入る容量が必要になる。ヘルメットも入れておきたい。

そして、先にも書いたが、バックパックをしょって自転車で走った時にヘルメットの後部にバックパックの先端が当たらないものでなければならない。60ℓクラスになると確実に肩より上に突き出るので自転車用には使えないのだ。

大きさについて細かく言うと今回落札したバックパックは45ℓ+5ℓというものだ。この容量表記がはたしてどこまで正確なのかは分からないのだが、通常のサイクリング用としてはやや大きめだ。

私の場合サイクリング以外に、トレッキングや2,3泊の旅行にも十分使えるような大きさもほしかったのだ。こ゚のバックパックも肩から上に7cmほど背面が伸びているのだが、これくらいの長さが自転車に乗った時にヘルメットの後ろ部分に接触しない限界であることが分かった。おそらく+5ℓの部分はここからさらに上に容積を増やせることを意味しているのだと思う。したがって、限界まで荷物を収納したらヘルメットの邪魔になってノーヘルでサイクリングすることになる。

肩から上の黒い部分が約7cmある。この部分も邪魔と言えば邪魔だが後ろにしなってくれるのでヘルメットの邪魔にはならない。

赤い部分から上にさらに伸びる。ここを伸ばして容量を稼ぐことが出るのだが、ここまで伸びると確実にヘルメットの邪魔になる。

今回たまたまベストサイズを手に入れることができたが、私と同じような用途を考えている方には参考になるサイズだと思う。

また、これは使用して感じたことだったが、登山用によくある背中との間に隙間を持たせる構造は自転車でもありがたい。背中の蒸れを防いでくれるのであった方がいいと思う。その分やや重くなっても今ではあった方がいいと思っている。

また、外側にいくつかのポケットがあるものがお勧めだ。登山とちがってサイクリングでは手に荷物を持つことができない。サイクルジャージには背中にポケットがあるがバックパックを背負うと使いにくくなる。

そのため、外側のポケットは重宝するのだ。例えば財布や小銭、自宅や車のカギ、スマホなどは取り出しやすい場所に入れておきたいのだ。

サイドにある網ポケットはボトルなどを入れるのに重宝する。

ウエストサイドを固定するベルト部分に収納ポケットがある点が気に入っている。上級モデルではあまり見かけないが、これがあると何かと便利だ。私は自宅のカギを入れるのに使う。

入札候補で迷ったら、小物をすぐに収容できるようにポケットが外側にあるかどうかを比較してみることもいいと思う。

ちなみに内側のポケットはめったに使うことがないパンク修理セット、エアポンプ、スペアタイヤを収納しておくのにも便利だ。

これはレインカバーを収納するポケット。底部分にある。

ヤフオクで落札したからかレインカバーは付属していなかったが、アマゾンで購入するとレインカバーも付属しているようだ。今のところレインカバーは必要ないがいずれ装備したいと思っている。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。