ホステルわさび ( 東京、名古屋、京都、大阪 )

ホステルわさびは私がお勧めのゲストハウスだ。

東京、名古屋、京都、大阪の4カ所にある。私は1年経たずして4カ所すべてを利用したが、どこもお勧めだ。

おすすめな点としては宿泊費が安い上に必要な設備が十分で清潔感があり快適に過ごせる点だ。

私は一人で利用するためドミトリータイプなのだが、だいたい一泊2300円位で利用している。一番安い時だと一泊1600円だった。曜日や季節にも拠るのだが、曜日で言うと金曜日や土曜日の宿泊料が少し高くなる。日曜日や平日は混雑状況にもよるが2000円を切る料金で宿泊が可能だ。また、行楽シーズンになると料金は高くなる。クリスマスや年末年始、桜や紅葉の時期や、ゴールデンウィークやお盆休み期間は他の宿泊施設同様に割高になる。まあこれは当たり前だが、これらのシーズンを避ければ驚くほど安い料金で利用できるのでお得だ。

以下に、ホステルわさびの4カ所それぞれについて私が利用した雑感を書いておく。

ホステルわさび日暮里

東京は日暮里にある。まず私がここを利用した理由は成田空港に向かうための前泊拠点としたからだ。静岡から成田空港経由で海外に行く際に当日直接空港では少しきついのだが、このわさび日暮里に宿泊すれば安くて直線的に成田空港まで行けるので利便性があるのだ。

私はロードバイクでも行っているのだが、わさび日暮里が他のわさびとまず違う点が大浴場がある点だ。ロードバイクで長距離を走った後に大浴場で疲れを癒せることはとてもありがたい。もともと温泉施設があった建物を改築してゲストハウスにした経緯があるようだ。

さらに、300円程度払うとバイキング式の朝食が付く点もありがたい。通常のビジネスホテルであるような規模のものではもちろんないが、パンやおにぎりにフルーツが3種類くらい、あとはゆで卵やらシリアルやら定番の朝食にありそうなものが揃っているので十分だ。

他のわさびでもあることだが、ドリンクバーやみそ汁バーなどは24時間無料で利用できる点もありがたい。

自転車を置かせてもらうスペースはあるが屋根がないので雨が降ったら雨ざらしになる点だけは留意しておいた方がいい。宿泊はせずに自転車だけ置かせてもらいたい場合には一日当たり300円かかるとのことだった。

屋上はテラスになっていて暖かい季節はカフェのように寛げる点もおもしろい。

わさび名古屋駅前

私が最後に利用したのがわさび名古屋だ。自転車で訪れたのだが、自転車を置くスペースは玄関前のレンタルバイクが停めてあるスペースなので1,2台しか置くスペースがなかった。特にロック錠で固定できる場所もないので、断った上でレンタルバイクにロック錠で固定させてもらうことができる。一応テラスのようになっていて久が付いているので雨には濡れないで置ける。

やや分かりにくい場所だが、名古屋期まで徒歩3分程度なのでとても便利だ。輪行で利用する場合にもお勧めだ。私は使わなかったが、ドミトリータイプの各ベッドにはTVやノートPCまで完備されていた。

朝食サービスはないが、みそ汁バーやドリンクバーは常時利用できる。

わさび京都そば

京都のわさびは京都駅より北に5.3kmほど行ったところにある。地名で言うと西陣織の西陣だ。最寄駅は山陰本線の二条駅で歩いて2.1kmほどある。歩いていくにはやや距離があるが身軽であれば景色を見ながら歩いていけばそれほど苦にはならない距離だと思う。

他のわさびとちがって築100年の町屋を利用した建物でとても風情がある。私が利用したドミトリータイプの部屋は畳の部屋で縁側も付いていて旅館の雰囲気そのものだった。もちろんベッドではなく布団を敷いて寝る。

近くには銭湯もあり、私が訪れた時には宿のスタッフが宿泊客を誘ってみんなで銭湯に行こうと言う企画をしてくれていた。また、道を挟んだ斜め前辺りにはライフ西陣店というスーパーもありとても便利だ。晴明神社や北野天満宮は比較的近い場所にある。

この場所は自転車ではいかなかったので停める場所がるかは不明だが、町屋でもあるのでおそらくあるだろうと思う。

わさび大阪

大阪のわさびは難波にある。まさに繁華街の中心だ。ここは残念ながらサイクリストにとっては自転車を停める場所はないため、自転車を停めたいのであれば近くの駐輪場所を探しておく必要がある。だが、難波に来るのであればここを利用しない手はないと言うほどのお得感はある。

大阪の繁華街なので食べ物などは何でもあるが、私が気に入っていたのはすぐ近くにあるうどん屋だ。確か一杯200円程度だったと思う。親子丼なども安く食べられる。

わさび大阪の一つの特徴としては書籍がたくさん置かれていて図書館風になっている。私は一泊だったので利用しなかったが時間があれば本を読んで寛ぐのもいいと思う。

通算で5泊すると長距離バスが無料で利用できる。

上記のポイントカードに一回の宿泊ごとにスタンプを押してもらえる。5個たまるとVIPライナーという長距離バスが無料で利用できる。但し火曜日と水曜日の指定便で区間は東京―名古屋間や東京ー大阪間だ。どこのわさびを利用してもポイントはたまる。私は静岡からなので利用しずらく、ポイントは溜まっているのだがまだ利用したことはない。しかし、東京―大阪間が無料で移動できると言う点は魅力的だと思う。ちなみにスタンプの有効期限は押印された日から1年だ。

国際交流の場にも

ゲストハウスであればありがちだが、どのホステルわさびも外国人利用客がとかく多い。もちろん日本人も利用しているが少数派だ。しかし、外国人と接するのが好きな人にとってはお勧めだ。私の印象では特にヨーロッパからの宿泊客はフレンドリーで気軽に話すことができてとても良い体験となる。彼らも日本が大好きで興味津々で来ているので日本人と話してみたいことがたくさんあるのだ。外国語に億劫でも今ではスマートフォンの翻訳機能でも使えば十分に言語の壁は解消されると言うもの。比較的若い世代の利用が多いが、ありきたりのビジネスホテルに泊まるよりも格安の上得られるものは大きいと思う。

青春18きっぷで利用する

私がホステルわさびを利用したときは青春18きっぷで移動したときが多かった。東京、名古屋、京都、大阪と大都市圏の比較的アクセスしやすい場所にあるので青春18きっぷが使える期間は交通費も節約できるのだ。京都のわさびだけは最寄駅から2.1kmほど離れるので例外だが、歩いていけない距離でもない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。