今までで一番高いサドルポジション

最近は本当に走れていない。体力が落ちない程度に自転車に乗れているほどだ。

今日は静岡まで往復する用事があったのだが、睡眠不足と、スペアチューブがないことを理由に電車で往復してきた。

最近サドルポジションが今までで最高に高いセッティングにした。1~2mmくらいずつ少しずつサドルを高くしてきたのだが、3日程度前にかつて体験したほどのがない高さにセッティングした。BBからサドルトップまでが795㎜となった。

それに伴い、クリートを1.5mm程度前にずらした。これは正解だった、普段ほとんどダンシングをすることはないのだが、たまにダンシングをしてみると、いつもシューズのポジションが後ろにあるような感じがして違和感があったのだ。

サドルが高くなる分、少しクリートの位置をつま先に近づけてみたわけだが、結果としてダンシングしやすいポジションになった。

それにしても、昨年の10月半ばに現在使っている新しいdhbの新しいシューズにしてから、一度もクリート位置を変更したことが無かったのだ。

今日はローラー台を30分42x21でゆっくり回してみたがとくに違和感はない。確かに高いポジションになっていることは感じられるがぺダリングは今までと変わらずスムーズにできていると思う。

これでしばらくはこの高さのまま様子を見てみようと思う。ただ、サドルの前後位置を変えずに、サドル位置を高くしているので、自然にハンドルからサドルまでの距離がだんだん遠くなっていることも事実だ。ハンドル都の高低差プラスサドル位置が後ろに後退しているので思ったよりハンドルグリップまでが遠くなっているように思う。

今度はハンドルブリップの位置を少し近づけるように、ブラケット位置を上にずらすか、ハンドルの角度を少し上向きに変更してみようと思っている。

サドルを高くするのと同様にハンドル位置を高くすればよいのだが、あいにくハンドルステムは限界まで高くしているのでこれ以上は高くできない。(そもそも、ハンドルステムを長いこと動かしていなかったのでフレームに固着してしまって動かかないことも事実だ。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。