日帰りで静岡から青春18きっぷで行くおススメの花火大会

青春18きっぷを利用して見る花火大会のお勧めをピックアップしてみた。私が住んでいる静岡県自体花火大会が豊富なのでわざわざ青春18きっぷで花火を見に行く必要ははっきり言ってない。

大切な人へ、オパールでできたハムサのネックレスをプレゼントしよう

ただ私がお勧めしたいのは東は東京、西は京都大阪、北は山梨方面に青春18きっぷで日帰りで出かけた帰り道にタイミングよく見ることができる花火があるので紹介したいのだ。

遠方の目的地で十分に楽しんだ後に、青春18きっぷを利用した帰り道は長く深夜になることもしばしばだ。そんな退屈になりがちの夜に花火大火を鑑賞できてしまえば一石二鳥ともいえお得感もあるのだ。もちろん、帰路に静岡県内の花火を見るのも良いが、静岡県内には遅い時間に戻ってくる場合が多いので、今回は県外だけど帰り道に合わせてみることのできる花火大会をリストアップしてみた。

神明の花火大会  私の一番のおススメ

(山梨県 市川三郷町 市川大門駅)8月初旬 19時15分~21時 打ち上げ数約2万 人出25万人 山梨県の人口が80万人だから3割ほどの山梨県民が見に行くほどのイベントであることになる。 当然山梨県最大規模の花火で 江戸時代には日本3大花火に数えられた由緒ある花火大会だという。とは言えあまり知られていないと思う。私も昨年偶然通りかかったタイミングで開催されていたので知ったのだ。山梨と言えば温泉なので甲府散策して温泉に入った後の帰路で花火見物をするのがお勧めだ。おそらく身延線が1年で一番混雑する夜に違いない。ただ、花火会場付近の駅を過ぎた帰り道は一変してほとんど乗客がいなくなり車内はほぼ空になり、ひたすら無人駅を暗闇の中終点の富士駅まで進むとても寂しい光景となる。ただカップルで行けば自分たちだけの空間と時間になり楽しい時間になること間違いなしだ。身延線なので電車の本数が少なく、最後まで花火を見ると場所によっては帰ってこられなくなる点と平日に開催される点に注意。

熱海海上花火 東京帰りにふらっと楽しめる海上花火

7月終わりごろから8月終わりごろまでの間に7回ほど開催される。打ち上げ数 5千(静岡県熱海市 熱海駅)静岡からだと東京方面に遊びに行った帰り道に立ち寄るのに最高の花火だ。退屈な東京からの帰り道を楽しむにはとても良い。最近の熱海駅周辺は賑わいを取り戻してきているので早めに熱海入りして駅周辺を満喫するのも良いかもしれない。1年を通して開催されているので夏に限らず楽しめる点は他の花火大会とは決定的に違う点でお勧めだ。

長良川全国花火大会

(岐阜県岐阜市 岐阜駅)8月初め 打ち上げ数非公開

青春18きっぷを使っても静岡県からであれば東京や大阪に比べればさして遠方ではないので(静岡県東部や伊豆からは遠い)、もっと近くにある名古屋にを目的地にして、足を延ばして花火の時間帯に合わせて岐阜に移動して花火を見て静岡に帰って来ても良い。

びわ湖大花火大会

8月初旬 打ち上げ数約1万(滋賀県 大津市 大津駅)京都に遊びに行った帰りに見ることができる。注意したいのは、大津で花火を見て静岡に帰ってくるにはやや遠方過ぎなので、帰りにこの花火を見ることができるのは静岡県の西部地域に限られてしまうと言っても良い。

豊橋祇園花火大会 名古屋方面に行った帰り道におススメ

(愛知県豊橋市 豊橋駅)打ち上げ数約1万2千 花火だけを見に行くならば青春18きっぷを使うほどの距離ではないくらい静岡県からアクセスしやすい距離なので名古屋や関西圏に行った帰り道に見るのが良いと思う。但し、7月20日ごろの開催で青春18きっぷの開始日とほぼ同じなので日程を確認する必要あり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。