マラソングランドチャンピオンシップの結果について思うこと

男子マラソン

東京五輪のマラソン代表選考会であるグランドチャンピオンシップが開催された。

男子は中村匠吾選手が優勝するという大方の予想を覆す結果だった。

下馬評では4強と言われる、設楽、大迫、井上、服部が有利と言われていた。

結果を見ると服部が2位、大迫が3位に入ったので順位的には評価通りと言えなくもない。しかし、井上選手に至っては最下位でゴールしている。また、設楽選手は序盤から1km3分を切る走りで独走を試みた結果、30km以降に大失速して14位に終わってしまった。

今回のレースではとても興味深い結果がいくつかあると思う。まずは、日本のトップレベルのマラソンランナーのほとんどが参加したとこと。通常のレースではありえないことだ。

さらに、夏場のレースだったので、マラソンシーズンである冬場のレースのようにはいかないと言うことをまざまざと見せつけてくれたと思う。

設楽選手はただ一人マラソンシーズン並みの1km3分を切るラップで一人独走を試みた。もちろん仕上がり具合にかなりの自信があっただろうし、2時間6分11秒の持ちタイムからも通常のレースであれば決してオーバーペースではなかった。ところが、30km過ぎからの極端なペースダウンは気温の高さがいかに後半のダメージを大きくするかということを示していると思う。

そして、このことは何も設楽選手だけに言えることではなく、設楽選手より1kmあたり、5秒~10秒程度遅いスピードでラップを刻んで走ったその他多くの有力選手にとっても同じだった。

中間点を過ぎてから大幅にペースダウンする選手が続出した。神野選手や佐藤悠基選手や今井正人選手、井上選手などの実力者も通常よりスローなペースにもかかわらず軒並み大幅に失速してしまうことになった。神野選手が2時間17分40秒、佐藤選手が2時間20分13秒、今井選手が2時間21分15秒、井上選手が2時間22分10秒。2時間20分以上かかるとなれば、もはや女子並みの記録で目も当てられないほど酷い記録と言わざるを得ないほどだ。佐藤選手などはかなり周到な準備を経て調整もうまくいっているように思っていたが、35~40kmは1km4分近いペースにまで落ちてしまっている。まさに散々たる結果だ。

今回の結果からは、優勝候補に挙がる選手がかなりの失速をしていることも考えれば、マラソンシーズンである冬場の力関係(持ちタイムの優劣)は気温が高い夏場にはあまりあてにならないと言えるだろう。

リザルトから見ると、最終的に優勝争いができたのは5位の大塚選手までと言ったところだろう。この5人は35kmをほぼ同タイムで通過している。この5人に関しては間違いなく暑さに強く、夏のレースでも戦える選手だと言えるだろう。

その上で、最後にペースアップして勝負ができる力があったのはトップ3の中村、服部、大迫だったのだと思う。

この3人のみがラスト2kmで1km3分切る走りができている。

その中でも優勝するに値する最後のスピードアップを見せたのが中村選手だった。ラスト2kmの平均ラップは2分52秒台だ。服部選手は2分54秒、大迫選手も2分55秒と決して悪くはないが、中村選手のスピードは凄まじいレベルだったことを示している。

とにかく、この3人だけは夏場のレースとは言え、ラスト3kmは冬場以上のスピードを発揮できたと言えるだろう。この点が他の選手とは全く違ったことだと思う。中村選手はこの過酷なレース環境でシーズンペスト記録を出している点も素晴らしいと思う。

中村選手に関していえば、自己ベストは2018年のベルリンマラソンで出した2時間8分16秒だ。この大会ではキプチョゲ選手が2時間1分39秒の世界記録で優勝しており、トップから7分30秒遅れた。しかし、最初から1km3分ペースで自己ベストを狙った結果だった。

今回のラスト数キロの強さは、自己ベストを出したベルリンより確実にパワーアップしているのではないかと思えてしまう。とにかく暑さに強いことは確実だろう。

今回の五輪選考で1位と2位に入った選手が内定となった。残り一枠は2時間5分49秒以内で走った選手に与えられるようで、これを破らない限り今回3位で2時間5分50秒の日本記録保持者である大迫選手が出場権を獲得する。

ただ、今回自分の走りに徹して攻めた設楽選手や実力者でありながら最下位に沈んだ井上選手などには冬場に日本記録に挑戦して五輪を目指してほしいと思う。対象レースは、福岡国際、東京、琵琶湖だ。日本記録を出すことが出場条件となると、より記録が出やすい東京マラソンで狙うしかないだろう。

男子リザルト

女子マラソン

女子は20km以降独走して2位に4分近い差をつけた前田穂南選手が文句なしに強かった。夏場のマラソンで有名な北海道マラソンでも優勝経験があり、マラソンの自己記録も2時間23分台を持っている。

夏場のレースでは日本女子の中では圧倒的に強いのではないかと言う印象を残したと思う。さらに、まだ23歳なのでこれからさらに力をつける可能性もあると思う。

ただ、客観的に女子の結果を見ると、前田選手が強すぎたわけではなく、他の選手が弱すぎた、もしくは暑さの影響を受けて失速し過ぎたと言えるのではないかと思う。

それが分かる点は、女子の結果を見ると後半のタイムが極端に落ちている点だ。確かに、男子のペースに比べると女子の前半のペースは冬場のシーズンに近いものがあった。しかし、そこから後半大きく失速することがなかった前田選手と大きく失速してしまったその他の選手との差が結果に表れることとなったと思う。

女子リザルト

グランドチャンピオンシップの意義と五輪レースの展望

今回のグランドチャンピオンシップは五輪代表選手を一発レースで男女とも2枠まで決めようとする初めての試みという点では、選考方法として分かり易くなり良かったのではないかと思う。

そして、夏場のマラソンがどのようなものかを示してくれた点でも良かったと思う。本来実力が拮抗している日本のトップ選手たちなのにタイム差がかなり開いた。

今回は9月15日にレースを行い、ゴール時の気温は29度前後。東京五輪では7月にレースを行うため、今回よりも気温、湿度とも高くなることが予想される。特に湿度の高さはさらに体力を消耗するだろう。

基本的には高温高湿度の環境ゆえに、後半の極端なペースダウンをすることがないような全体的にスローなペースで進み、ラスト数キロでスピードアップする展開になるのだろう。

今回の男女のレースを見ると、ちょうど前田選手の様な後半にスピードを上げていくようなイメージの展開が日本人に有利になると思う。

特に男子の場合は、ラスト数キロでアフリカ勢の爆発的なスピードを許すのではなく、後半の20kmから35kmで体力を消耗させるようなレースをして、アフリカ勢のラストのスピードをそぐような展開が一番日本人に有利だろう。

高温多湿の環境に一番順応しているはずの日本人の強みを最大限に利用する走りも大切だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。