Chain Reaction Cycles でほしい物をお得に手に入れよう

Chain Reaction Cycles (CRC) は特にロードバイク関連のアイテムを格安で手に入れるのにとても役立つ英国のオンラインショップです。

私が最初にChain Reaction Cycles で買い物をしたのはもう10年ほど前になりますが、とにかくその安さは今も変わらずとてもありがたいです。

当時は円高がかなり進んでいた時期でもあり、信じられないほどの価格で良質な商品が購入できました。もちろん、為替レートにそれほど関係なく一番お得に購入できる自転車関係のオンラインショップであることに変わりはありません。

Chain Readction Cycles の利用の仕方について以下 Q&A 形式でまとめてみたので、まだ利用したことがない人は参考にしてみてください。

英語が分からなくても大丈夫か?

Chain Reaction Cycle は英国にありますので、注文すると英国から送られてきます。しかし、ウェブサイトは日本用にすべて日本語になっていますので一通りの購入には全く英語は関係ありません。

ただし、Amazonなどで商品を購入するときに購入者のレビューなどを参考にしてから購入することがあると思いますが、Chain Reaction Cycle の場合は世界各国から購入者がいるので、英語などの外国語で書かれたレビューコメントの方が多いです。それでも、グーグル翻訳などにコピペして翻訳すれば済むだけのことですので大丈夫です。それに最近では日本人購入者も増えて日本語でのレビューも多くなってきました。

どれくらい安いのか?

私が過去に見たことがある値引き率で一番高かったのは98%OFFだったと思います。Chain Reaction Cycles の “セール” または ”クリアランス” にある商品を見てみましょう。下の画像の様なトップページの右上に”クリアランス”メニューがあります。

”クリアランス”をクリックすると、人気商品の順に商品が表示されていますが、右上の”並べ替え” 蘭で、表示順を指定できます。例えば、”値段の安い順”や”割引率の高い順”などを選択できます。

試しに、”割引率の高い順”を選択してみると、下の画像の様に割引率の高い順にクリアランス商品が表示されると言った具合です。

もちろん、クリアランスにない商品でもかなり安物があります。ロードバイク関連のアイテムを探しているなら、メニューから”ロード”を選択して各カテゴリー別に見てみてください。

例えば、自転車のパーツメーカーで有名なシマノ製のコンポーネントなども日本で買うよりもはるかに安い場合があります。特に10年近く前の円高傾向の時には日本製品なのに国内で買うよりはるかに安かったので驚いたものです。しかも、送料も無料で手に入るのでありがたいです。

また、稀ではありますが、中古品を扱っている場合があります。私も実は中古品扱いだった、エアポンプを購入したことがあるのですが、届いたあエアポンプは全く新品同様で中古にはとても見えないものでした。必要なものをできる限り安く手に入れようとするなら、Chain Reaction の商品ページで商品を探してみる価値は大きいです。

どのようなジャンルの商品があるのか?

ロードバイク、マウンテンバイク、トライアスロン、ランニングのジャンルがあります。メインはロードバイクを中心とした自転車アイテムでランニング関連は少なめです。

どのジャンルにも言えるのですが、日本では販売されていないブランドのアイテムや日本で販売されているブランドでも日本では取り扱いがない商品がありますので、希少なアイテムを手に入れられると言う点もメリットです。

Wiggle と 比べてどうなのか?

Wiggle は日本で一番知られている海外の自転車関連のオンラインショップだと思います。実は私が初めて自転車のアイテム海外のオンラインショップで購入したのはWiggleでした。しかし、その後すぐにChain Reaction の存在を知り、価格を比べてみると Wiggle よりかなり安かったのです。それ以降 Wiggleの利用はほとんどしていないのですが、シンプルに価格で比べるとChain Reaction Cycle の方が安いです。

例えば私が最近実感したことして、Wiggleのプライベートブランドであるdhbのカーボンシューズを Wiggle と Chain Reaction で比較したところ、私がほしいサイズとカラーで900円ほど Chain Reaction の方が安かったです。Wiggle の商品なのになぜこうなるのか分からないのですが・・。

現状日本人に人気があるのはWiggleだと思います。ただ、価格面でChain Reaction  の方が優位なので、日本における知名度の差なのだろうと思います。

送料や到着日数はどうか?

送料はある金額以上の買い物で無料になります。2019年8月時点では合計注文金額が5999円以上で送料無料となっています。数年前は8000円以上で無料でしたから、さらに買い物しやすくなったと思います。

ちなみに、無料の配送手段だと、注文からおよそ10日から2週間くらいみておけばよいでしょう。海外からの発送なので遅れる時には3種間ほどかかったこともあります。ただ、一番最近の注文では8日で到着しましたので、十分に速かったです。

また、いくつかの商品を注文した場合に基本的にはまとめて一つの箱で送られてくるのですが、商品の在庫や管理状況等で別々に送られてくることもあります。その場合到着にずれが生じます。

急ぎで配送してもらいたい場合はオプションとして有料の配送手段があります。私は一度も使ったことがないのですが、別途料金1200円くらいでより早く配送してもらうことができます。

無料発送でもトラッキング情報(追跡情報)は付いてきますので心配ありません。今までの経験では、日本郵便かヤマト運輸で手元に届けられました。下記は私の実際の追跡情報ですが、8月25日に注文して、9月2日に配達されました。無料配送で英国から8日しかかかっていないのは十分に速いと思います。

関税についてはどうなのか?

これは実は気を付けなくてはいけない点です。もっと言うと絶対に知っておかなければいけないです。

ただし、知っておくべきことは1点のみで合計注文金額が16666円を超えると関税が課税されます。(購入金額 x 0.6 が1万円以下であれば非課税)

ですから、常に16666円以内に収まるような買い物をしていれば気にする必要はありません。

実は私も最初の頃はこのことを知らずに3万円ほどの買い物をしたのですが、しっかりと課税されました。どのように課税されるかと言うと、商品の配達時にです。その時届けてくれたのは郵便配達員だったと思いますが、関税がかかっているので引き渡しに○○円必要だと言うことを言われ、その場で支払いました。税率は忘れてしまいましたが、10%程度だったと思います。まあ、かなり大きな割引率で購入していたので関税分を払ってもお得な買い物はできたのですが・・・。

このことから、16666円を超える値段の商品に関しては関税がかかることは知っておくべきです。

どのような使い方がお勧めか?

私のおススメはまずは送料無料の買い物をすることです。今現在は合計5999円以上の購入で送料無料になるので約6000円以上買い物で利用することです。

例えば消耗品である、チューブやタイヤを購入しても一つではとても6000円には達しないのでいくつかまとめて購入することをお勧めします。

また、関税がかからないようにするためには、16666円以内に収まる買い物であればなるべくこの金額以内での買い物にすることもお勧めです。

そして、もう一つは ほとんどの時期に バウチャー(クーポン)が使えるようになっていますので、これを利用することもお勧めです。

例えば、サマーセールと題して購入合計額13000円以上で1500円OFFと言ったバウチャーがあるとします。この時、買いたいものを買い物かごに入れたら12000円になったします。しかし、余分にあと1000円分何かを購入すれば、1500円OFFを適用されるわけです。結果的に13000円分の買い物が11500円で収まりますので、お勧めです。

上の画像のようにバウチャーはChain Reaction Cycles のトップページの右上あたりにいつもも表示されているのでサイトを訪れるとすぐに分かります。購入条件を満たせば決済へ進む過程の中でバウチャーコードを入力すれば値引きされた合計金額が表示されますので簡単です。

Generic banners

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。