ゲストハウス 麻なみ 伊豆 白浜海岸

伊豆半島の下田市、白浜海岸ほぼ前にあるゲストハウスだ。麻なみ(あさなみ)。

先日の掛川ー下田往復サイクリング時に初めて利用した。

おすすめポイントはまずドミトリータイプ一泊素泊まり1500円という価格だ。(※消費税10%開始により2000円になりました)

古い民家を再利用した広々とした共用スペースのリビングがあるなどゲストハウスとしては寛いで利用できる空間になっていてとても良い。

共用として、キッチンや冷蔵庫、バス、トイレがあり必要十分だ。私はキッチンも冷蔵庫も使わなかったのだが、夏場などには冷蔵庫は重宝するだろう。同じ建物にカフェが併設されている。

ゲストハウス内には猫が2匹いて時々遊びに来るが、いかにも日本家屋にいる猫と言った感じで我が物顔に闊歩している雰囲気がまたいい。猫嫌いの方には無理かもしれないが・・

個室もあるが、料金は2000円からで、夏場などの混雑時期は値段が上がるようだ。

道を挟んだ海側の向かいに2000年以上の歴史を持つ白浜神社があり、そのすぐ隣が白浜海岸と言う立地も申し分ないと思う。

ただ地元伊豆の宿泊客の話では夏場は大混雑する白浜海岸なので、落ち着いた雰囲気で利用したいのなら夏場の利用は避けたほうが良いとのこと。東京方面からの客が押し寄せてくるため、とてものんびりした雰囲気ではなくなるとのことだった。

基本的には何もない田舎なのだが、流石に海水浴やサーフィンで有名な白浜海岸だけあって近くにコンビニが2つある。セブンイレブンとファミリーマート。こんな田舎にコンビニが2つもあるなど普通はあり得ないことなのだが、年間の売り上げのほとんどは夏場なのだろうと思う。宿の周りは基本的に店らしき店もあまりないのでコンビニはありがたい。

伊豆急終着駅がある下田市街地までは約5.5kmくらいの距離がある。自転車で下田まで来ようと思ったらアップダウンの連続するハードな海岸線を通過するか、天城峠を越える山岳ルートしかないが、熱海方面から来るならば輪行で下田市街まで来ることができる。ちなみに、天城峠を走る路線バスは自転車を積載することが可能なので、体力に自信がないサイクリストにとっても安心して走れると思う。伊豆下田駅周辺には何でもある。スーパーではマックスバリュウがあり、ファストフード店はマクドナルドやモスバーガーもある。地元の魚介類を味わえる居酒屋もそれなりにあるようだ。宿からは車であれば10分程度だ。自転車でも大した距離ではないが峠越えをするため微妙な距離だ。それでも20分あれば十分だ。私が走った感覚だと、どちらかと言うと宿から下田市街地に向かう方がしんどい。高低差は同じはずなのだが下田市街地から宿までの道の方が随分と楽に感じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。